FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Quincy Jones / This is How I Feel About Jazz』

Quincy Jones_This is How I Feel About Jazz 1956年発表、クインシー・ジョーンズのデビュー作品です。とはいえ、スプリット・アルバムが、この前に1枚出てるみたいです。名盤ガイドでよく見かけた1枚なので、けっこう評価の高いアルバムなのかな?

 「これが私がジャズに対して感じる事」…タイトルからして深い事をやってそう、オーネット・コールマンの「ジャズ来るべきもの」やジョージ・ラッセルの「宇宙時代のジャズ」みたいな感じだし、ジャケットもスコアを広げてドヤ顔してるし、硬派で先鋭的なビッグバンド・ジャズが聴けるんじゃないか…聴く前はそう感じていたんですが、実際に聴いてみると、エンターテイメントで保守的なビッグバンド・ジャズでした(^^;)。スイング時代のアルバムと言われても信じちゃいそうです。

 というわけで、『Big Band Bossa Nova』やこのアルバムで、僕はクインシー・ジョーンズのことをアーティストではなく職業作曲家アレンジャーなのだと思うようになりました。実際のところ、その後の活動をみても、そんなにジャズにもアーティスティックな音楽にも思い入れがあるわけじゃなさそうですし、「お客さんが楽しんでくれるものが音楽だ」みたいな考えを持っていそうな人なのかも。アフロアメリカンのバート・バカラック、みたいな。でもって、僕が「ああ、クインシー・ジョーンズはジャズとして聴くと物足りないものが多いけど、プロの劇伴作家として聴くととんでもなく素晴らしいんだ」と思うようになった音楽がありまして…その話はまたいつか!


スポンサーサイト



09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS