FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Komitas Vardapet / The Voice of Komitas Vardapet』

KomitasVardapet_Voic of アルメニアには、カトリコス・コミタスのほかに、もうひとり有名なコミタスという名の音楽家がいます。コミタス・ヴァルダペット、アルメニアでは「アルメニア音楽の父」なんて言われるほどの巨人です。世界中に熱狂的なファンを持っていながら録音が少なく、日本では知る人ぞ知る存在という感じ。比較的コミタスの音楽に近いクラシック系の愛好家ですら、知っている人の方が少ないのではないでしょうか。モーツァルトベートーヴェン当たりしか聴かない人は知らないんじゃないかなあ。

 コミタス・ヴァルダペットは19~20世紀の人(1869~1935)で修道士バルトークがハンガリー民謡を採取して研究しながら作曲したように、コミタスはアルメニアの音楽を収集しながら作曲しました。僕自身は持ってませんが、ふたつほど録音を紹介したジヴァン・ガスパリアンもコミタスの曲を演奏していたはず。それが民族音楽や宗教音楽ファンでない人にもアルメニア音楽やコミタスの名を伝える事になったかも。そしてこのCDの凄さは…なんとコミタス・ヴァルダペットの肉声が一部収録されているのです。すげえ。

 まずは無伴奏独唱。修道士というから、もっとグルジアやロシアといった正教会系の音楽かと思ったら、かなり民族音楽的で、素朴な歌でした。でも、それが東欧の田舎の村にある生活の中で歌われてそうなフォーク調というとそうでもなく、祈りに近いものと感じました。ひとつの音符が長くて朗誦という印象があるとか、圧倒的に短調系で悲壮感があるとか、そういう所でそう感じるのかも。これはちょっとゾクッと来る…。
 次に、ピアノ伴奏の歌曲。これは民謡をベースにした音楽なのかも。日本でいうと唱歌っぽい雰囲気です。
 そして、一番感動したのは、最後の方に入っている弦?オルガン?それにドゥドゥク?伴奏の(なにせ1912年録音なので音が悪くて良く分からない^^;)を伴奏に歌う宗教歌。アルメニア音楽の「これは音楽というより祈りではないのか?!」というゾクゾク感は、ジヴァン・ガスパリアンの演奏なんかを聴いても感じるところですが、あれはコミタス・ヴァルダペットからそのまま繋がってるのかも。いや、もっというと6世紀のコミタスからも繋がって感じました。

 なるほど、なんでコミタスが「アルメニア音楽の父」なんて呼ばれるのか、何となくわかった気がしました。こういう音楽家や音楽、そして録音というのは、好きとか嫌いではなく、人類が聴きつないでいければ、人間はもっといい方に行けるんじゃないか…な~んて思ってしまいました。下世話な意味ではなく、本当の文化遺産じゃないかと。


スポンサーサイト



09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS