FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Julian Bream / Popular classics for Spanish guitar』

Julian Bream_Popular classics for Spanish guitar オルガンの世界、チェンバロの世界、クラシックギターの世界…メジャーな室内楽編成やオーケストラから漏れた楽器の世界って、その世界にいる人じゃないと分からないだろうというほどマニアックな印象を持っています。ギターという楽器はロックやポップスの世界で生き残ったので、そこからクラシック・ギターの世界に入る人もいるから今も生き延びてるんじゃないかと思ってるんですが、それにしたってファリャやレゴンディの曲と言ってパッと思いつく人なんて、ロックやポップスのギタリストだって、いわゆる一般的なクラシック音楽のファンの人だって、そうそういないんじゃないかと。それぐらい、聴く専門家なんていない、自分でも演奏する人だけが知っているマニアックな世界なんじゃないかと。

 このアルバムはジュリアン・ブリームの有名作で、僕は名盤ガイドで見て知りました。邦題は「スパニッシュ・ギターの神髄」、ヴィラ=ロボス、トゥリーナ、アルベニス、デ・ファリャという、近代のギター音楽の超メジャーな作曲家たちの作品集です。あれ?ヴィラ=ロボスって、ブラジルの作曲家じゃなかったっけ?なんで「スパニッシュ・ギターの神髄」というアルバムに入ってるんだ?ラテンという事でいいのかな、それともスペイン移民なのかな…分かりません(^^;)。 
 ジュリアン・ブリームは、トータルに見たらクラシックギターの中でいちばんすごい人、ギター演奏の革命者だそうです(友人のギタリスト談)。僕みたいな門外漢だと、クラシックギターといえば巨匠はセゴビア、もう少し後の人ならジョン・ウイリアムス、ビジュアル系だと村治香織…ぐらいしかパッと思いつかないんですが、友人のクラシック・ギタリストによると「セゴビアはすごいけどロックでいえばチャック・ベリーぐらいな感じ。ウイリアムスはフュージョンみたいなもんで、指先が動くだけで表現というものがぜんぜん分かってない演奏マシン。クラシック・ギターを聴くならまずはブリームだ」と言っていました。

 このアルバム、はじめて買った22~3歳のころの僕にはよく分かりませんでした。音がすごく遠くて、ロックでいう海賊盤みたいだと思ってしまったんですよね。恐らくそれが一番の理由で、名盤と言われているし、超有名プレイヤーの演奏だというのに、まったく感動できなかったんです。録音が62年と古い事もあるのかも知れませんが、クラシックギターってこういう音のCDがけっこうあるし、ちゃんとホールの音を再現すると、実際にこういうものなのかもしれないし、これがい正しい音とされてるのかも知れませんが。
 でも、印象に残った事がありました。「へえ、クラシックギターに、こういう感じの音楽があるのか」という事でした。まったく無知な僕は、クラシックギターというと「禁じられた遊び」かバッハみたいな、保守的で面白みに欠ける音楽と思ってたんです。ところが、ヴィラ=ロボスやアルベニスの曲は、自分がイメージしていたクラシック・ギターとはまるで違う世界観で、驚きの世界だったのです。
 また、こうした曲をブリームさんは丁寧にメカニカルに演奏するのではなく、えらく歌わせて演奏していました。この「クラシック・ギターを歌わせる」ところが、ブリームさんの革命的なところだったのかもしれません。趣味でギターをちょっとだけ弾いてみる時があるんですが(ムズカシくてとても弾けるなんてものじゃないですが^^;)、クラシック・ギターって、バスと和声と旋律を同時に演奏するので、歌わせるなんて夢のまた夢。楽譜どおり演奏できるだけでも神技のように思えちゃうんです。それを、こんなに歌わせるのは、曲だけでなくプレイヤーの天才なんだろうな…みたいな。

 というわけで、ぜんぜんピンとこなかったけど、クラシック・ギターの世界にも、ジュリアン・ブリームにも、何かがある…そんな事を感じて、僕にとってのクラシック・ギターとジュリアン・ブリームの入り口となった1枚でした。もう、大昔の事です。


スポンサーサイト



Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

クラシック・ギターのジュリアン・ブリーム、逝去

JulianBream_portrait.jpg 先日、仕事で街に出たんですが、帰りがけにぶらりと本屋に寄って音楽雑誌のコーナーを眺め、『現代ギター』誌でジュリアン・ブリームの訃報を知りました。ひと月ほど前となる2020年8月14日に逝去されたそうです。この人の演奏はすごかったなあ。。

 僕が、クラシック・ギターを凄いジャンルだと思い知ったのは、ジュリアン・ブリームさんと福田進一さんがきっかけでした。このふたりを知る前まで、僕にとってのクラシック・ギターの印象は、イエペス演奏の「禁じられた遊び」とか、セゴビアのバッハの演奏とか、そんな感じ。古色蒼然とした刺激の少ない保守的な音楽だと思ってたんですよね。でもって、知り合いのクラシック・ギタリストさんにそんな事を話すと、「クラシック・ギターを語るなら、最低でもジュリアン・ブリームや山下和仁を聴いてからにしなよ」と言われたんです。彼いわく、ブリームさんは表現力が抜群で、ここでクラシック・ギターの演奏が大きく変わったというほどのプレイヤーなんだそうで。
 それでも、名盤ガイドに出ていたブリームさんのCDを聴いたところ、これがあまり面白くありませんでした。本当に感銘を受けたのは、何年も経ってから中古屋で何気なく手にしたライブ録音のCD。うわあ、すげえ…僕が知っていたクラシック・ギターとは表現力が段違い。さらに、クラシック・ギターって、いつまでもソルとかアグアドとかバッハとかみたいな曲を演奏している超保守的なジャンルかと思っていたら、近現代の曲がカッコよすぎたのです。超アヴァンギャルドもあればプログレみたいな曲も。自分が好きだったロックやジャズのギターが霞んでしまうほどの高い頂で、技巧を凝らした曲なんて、あまりの凄さに絶句しながら聴き入ってしまったのでした。その時に、ギターは本来こういう風に演奏するべき楽器なんだと思い知らされました。コード弾くとかメロディ弾くなんて言うものじゃなくて、最初から一人多重奏をする構造をした楽器だったんですね。

 ジュリアンさんと福田進一さん、そしてのちには山下和仁さんあたりの演奏から、僕はクラシック・ギターの演奏にドはまりして、自分でギターに挑戦したこともありました。ピアノよりも何倍も難しい楽器なので、いつまでたっても趣味の範囲を出ることが出来ないんですけどね(^^;)。それぐらいの衝撃を受けたプレイヤーさんの死は、やはりショック。そうそう、ブリームさんと接していたあるギタリストさんによると、「ブリームさんは緊張性で、コンサートの前はいつも顔面蒼白だった」「いつも酒臭かった」なんて話をしていました。あがるから酒で何とかしようとしていたのかも知れません。ついでに、ギター以上にリュートが凄まじい演奏で…
 書き始めると、色んなことが思い出されてきりがありません。ご冥福をお祈りします。


10 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS