FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Harold Melvin & The Blue Notes / To Be True』

Harold Melvin and The Blue Notes_To Be True テディ・ペンダーグラスが在籍していたフィリー・ソウルのコーラスグループ、ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツが1975年に発表したアルバムです。このグループ、50年代から活動していたらしいんですが、名前に「ハロルド・メルヴィン」が冠されるようになったのは70年代から。でもって、バンド全盛期となった70年代中ごろのメイン・ヴォーカルはハロルド・メルヴィンじゃなくてテディ・ペンダーグラス(^^;)。このアルバムは、まだテディ・ペンダーグラスが在籍していた頃のアルバムです。この後、ペンダーグラスはグループを去ってソロデビュー、そして大ヒットしてしまうのでした。黒人コーラス・グループのメイン・ヴォーカルって、バンドが売れると絶対やめますよね(^^;)。バンマスは辛いよ。

 音楽の雰囲気は、サム・クックやフォー・トップスの頃から続く、バンドやストリングスやブラスセクションをバックに歌う黒人コーラス・グループのノリ。でもフィリー・ソウルらしくちょっとだけニュー・ソウルなギターやラテン・パーカッションが入っていて、これで少しだけモダンに感じるのが味でしょうか。あーこのいかにもフィリー・ソウルなムード、心地よくていいなあ(^^)。ファンク色の薄い甘い系のフィリー・ソウルのバンドでは、実はスタイリスティックスよりいいグループなんじゃないかと思ったりして。

 このアルバムは、「Bad Luck」とか「Hope That We Can Be Together Soon ft. Sharon Paige」とか、ヒットした曲が何曲か入ってます。でも僕がいちばん好きなのはミディアムスローの優しい曲「Pretty Flower」。語るように歌い、後半で少しだけ盛り上がって、その後ろで何度も「Pretty Flower」というコーラスがリフレインします。また、さりげない曲だけど、和声進行も素晴らしいし、曲も単純な繰り返しでできたコーラス形式じゃないです。いやあ、この浮遊感ある曲想と相まって、これは素晴らしい。。

 歌って色んなものがありますが、人生を厳しいものと見ているか素晴らしいものとみているかで分けることも出来ると思うんですよね。ブルーノーツに限らず、フィリー・ソウル全般に言えるのは、人生を素晴らしいものと見ているような幸福感に満ちあふれた雰囲気。いつか自分だって死にますが、その時に振り返って、ベートーヴェンの運命みたいな響きの人生だったと思うより、フィリー・ソウルみたいに「素晴らしい世界で幸福に生きたなあ」と思えたらいいな、な~ん思ったりする今日この頃です。若い頃は、ぜったいこんなこと思わなかったんだけどな。。


スポンサーサイト



10 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS