FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『パウル・ツェラン詩集』 飯吉光夫訳 小沢書店版

PaulZeranSishuu_OzawaShoten.jpg 翻訳者も書籍タイトルもまったく同じですが、思潮社と小沢書店の『パウル・ツェラン詩集』は、かぶってるところもあるものの、編集方針が違うものでした。小沢書店版の特徴は、ツェランの初期詩集に特化している事と、詩だけでなくエッセイ、それに他の人が書いたツェラン論も収録されている事です。

 若い頃は、ツェラン独特のレトリックやメタファーに痺れていた僕ですが、正直言って何を言っているのかはよく分かっていなかった気がします。でも、ツェランがナチス政権下のドイツに生きたユダヤ系ルーマニア人で、両親が強制収容所に送られたまま消息不明になった事を知ったうえで読むと、いったいこの詩が何のメタファーなのかが分かる気がしました。そのうえで、良いと思った詩をあげると、初期詩篇では「アルテミスの矢」「翼の音」。詩集『閾から閾へ Von Schwelle zu Schwelle』からは「ここ」「沈黙からの証しだて」。散文では「山中の対話」が、心に来るものがありました。ちょっと抜粋すると…

鳩はそれもアヴァルンにたゆたっている。
そのため、あなたの腰の上方の、半ば心、半ば鎧である一羽の鳥は闇にとざされる。
(中略)わたしはそれでも鳩が、白い鳩が、やってくるのを見る、アヴァルンから。 (翼の音)

ここ―それは、わたしがそれに乗って砂の河を遡ってきたあの船のこと、
―その船は舫われたまま、あなたが撒いた眠りの中に浮かんでいる。 (ここ)

ぼくは、いとこよ、その蝋燭を愛していたのではない、ぼくが愛していたのは、その蝋燭が《燃えつきること》だった。そしてそれからというもの、わかってくれるだろう、ぼくは何ものをも愛していない。 (山中の対話)


 こんな感じで、厭世観を感じるというか、近い時代で言えばドイツというより、サルトルやカミュのようなフランス系の実存主義が持ている虚無感みたいな。「ここ」なんて、私は死んだ人間で、こことは彼岸の事なのでしょうしね。

 他の人が書いたツェラン論。ブランショなんかが書いていましたが、各論みたいでこれはあんまり参考になりませんでした。むしろ、訳者の飯吉さんによる解説が見事で、そっちに感銘を受けてしまいました。詩や散文や外国文学って、コンテキストもものすごく大事なので、解説って大事ですよね(^^)。

 そんなわけで、さすが詩人だけあってレトリックやメタファーの使い方はすげえな、と思ったんですが、ちょっと厭世的で、その重さがきつかったです。でも、両親がそんな死に方をして、自分もすれすれのところを生きてきたんだから、そうなるなという方が難しいのかも知れません。


スポンサーサイト



11 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS