FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

EP『SALLY / mコードにHeartbreak』

Sally_minor chord ni heatbreak ひとつ前の日記で、80年代に活躍したJポップのバンドのSALLYのベスト盤について書きましたが、サリィのベスト盤で唯一不満なのが、ラストシングル「mコードにHeartbreak」が収録されていないこと。山口百恵の「さよならのかわりに」やキャンディーズの「つばさ」がそうですが、人気がある状態のまま引退したアイドルのラストシングルって、活動を集大成したような名曲が多いですが、これも見事なバラードなのです。というわけで、僕はベスト盤の他にこのシングル盤を持っているのでした。

 曲はバラード、詞は…何となくですが、マジで解散理由のひとつになったメンバーの経験だったんじゃないかという気がしました。事実は分かりませんが、グッときます。

約束さえかき消す気まぐれなスケジュール
奇麗なメイクアップ いつも涙で流す君さ


 こんなの泣くだろ…。学生時代に付き合っていた恋人同士が社会人になる、みんなこれと似た体験をするんじゃないかなあ。それだけに感情移入してしまった時期が僕にもありました。

 なぜこんないい曲がベスト盤に入っていないかというと、ベスト盤の後にこの曲&ラストアルバムが発表されたから…なんでしょうね(^^;)。この曲も入れたベスト盤、ぜひリリースしてほしいなあ。そうそうこの曲、どのカラオケにも入ってるんですよね。僕はたまに歌います。

スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『SALLY / ザ・ベスト』

Sally TheBest チェッカーズと同時期に活躍していた、知る人ぞ知るアイドル・バンドです!売り方がアイドルだったというだけで、実際には自分たちで作詞作曲も演奏もしていた、ビートルズストーンズと同じ立派なポップロックバンドでした。アイドルな売り方をしていたわりに不良、でもユーモアにあふれていて、チェッカーズよりだんぜん好きなバンドでした。

 ヒットした曲は鈴木キサブロー作曲のデビューシングル「バージンブルー」ぐらいで、これがよりによって本人たちの作曲じゃない所がなんとも皮肉。80年代の日本のチャート音楽はサビのインパクトと分かりやすさだけが重要視される世界だったもんで、歌謡曲的な作りの曲というのがたしかにあって、「バージンブルー」はその条件に嵌まっていたのかも。
 でも、サリィの本当の素晴らしさは本人たちが作った曲だと僕は思っています。ロカビリー調の「雨のミッドナイト・ステーション」や「Bad boys come tonight」はロック箱でバンド活動をしていた所から這い上がってきたグループだと感じましたし、「サマータイム・メモリー」「あの頃スローレイン」は見事なポップナンバー、「ガール」はなんとドゥ・ワップ。見事じゃないですか!

 そして、詞をはじめとした、バンドの醸し出している世界観が素晴らしいです。ティーンエイジならではのキラキラした世界観というか、楽しく切ない青春が見事に表現されていて、聴いていると引き込まれてしまう…。まずは不良っぽさ。「246は俺たちのフリーウェイ」(Bad boys come tonight)なんてのは悪ガキっぽくてカッコよかった!あと、当時の歌番組で、メンバーのふたりがギターのシールドをアンプにつながずにそれぞれのギターにつないでいたのを見たことがあるんですが、これなんか「当て振りですよ」という事を茶化してやってたんだと思うんですが、こういうセンスが不良っぽくも悪い方に行かずに笑い飛ばすユーモアがあって「あ、このバンドはセンスがあるな」な~んて思ってました。
 そして、10代の頃の世界観が出た言葉がグッときました。

遊び疲れたあとのハンバーガーショップ (ガール)

別れの茶店でひとり残されて (あの頃スローレイン)

派手好きなママと忙しすぎるパパは留守 (ハートはキュートなままでいて)


 …いやあ、これは高校から大学生あたりまでの世代だけが共有できる世界観、男の僕でもジワッと来ちゃうけど、女の子だったらもっと来ちゃうんじゃないかなあ。。

 好きなバンドだったんですが、レコードデビュー後の活動期間は3年と短く、たまに歌番組に出るものの、ゆっくりと消えて行ってしまったバンドでした。でもって、当時のレコード会社が今はなき日本フォノグラムだったからか、このベスト盤、CDだと今では高額で取引されています。マジか、俺が中古屋で「おお、なつかしい!」とLPを買った時は数百円だったぞ。。ちなみに、メンバーの皆さんはその後もそれぞれ音楽活動を続けているようです。そうだよな、それだけの能力のあるポップロック・ミュージシャンだと思います。

11 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS