FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『吉川晃司 / beat goes on』

KikkawaKoji_beat goes on 吉川晃司さんも80年代にデビューしたアイドルです。チェッカーズサリーと同様、売り方はアイドルだけど実際には自分で作詞作曲をする人でした。同世代の男性アイドルは、トシちゃん、マッチ(話題沸騰中^^;)、シブガキ隊と、小中学生相手のジャニーズ全盛。そんな中、SALLY と吉川晃司は不良臭プンプンでよかった!これは、そんな吉川さんのベスト盤、アルバム1枚で18曲も入ってます(^^)。

 チェッカーズ同様、吉川さんも自分で作詞作曲をするにも関わらず、シングルは全部あてがわれた曲でした。でもナベプロの担当者さんがしっかりしていたのか、アーティストイメージとあてがわれた曲が見事に一致していて、音楽の雰囲気は吉川さんの格好良さを音にしたようなポップロック調。それも、山下達郎さんがマッチに書いた「ハイティーン・ブギ」とか、ユーミンが聖子ちゃんに書いた「Rock'n Rouge」みたいな似非ロックと違って、パワーステーションとかニューウェーブみたいな雰囲気のデジタルなロックで、それが板についていて、子どもの頃はすごくカッコいいと思ってました。
 その徹底度はたいしたもので、デビューして何年たってもずっと一貫。こういう音をカッコいいと感じるか古くさいと感じるかは世代によって違うでしょうが、80年代にアイドルがこれをやったのはイケてたんじゃないかなあ。ちなみに、作家陣は、矢沢ファミリーのNOBODYが中心。そういえば当時のNOBODYは、アン・ルイスに「六本木心中」と提供したりして、歌謡ロックと言ったらまず最初に白羽の矢が立つ存在でした。他にも大沢誉志幸さん、佐藤健さん、原田真二さんなど、作曲家のキャスティングが見事、この時点でカッコよくなることは保証されていた気がします。これで吉川さんが「ウェ~ヴァ~ライ~」みたいな変な歌い方さえしていなかったら…いや、あれがあるから吉川さんなのか(^^;)。

 僕にとっての吉川晃司さんは、80年代の沢田研二。いい意味でホストっぽく、アイドルにしてはダーティーで危険なムード。俳優の柴田恭兵さんやプロレスラーの前田日明さんみたいに男好きする感じで、好きだったなあ。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

VHS『SALLY / 1986 LAST NIGHT』

SALLY_1986 LAST NIGHT なんで男の僕がこんなに男性アイドルグループに限りなく近いサリィを知っているのかというと、学生時代の彼女がSALLYの大ファンだったから(^^;)。アイドルの追っかけをやっていた女の子というと引いてしまいそうですが、ぜんぜんオタクっぽくなくて可愛い子だったなあ。今では絶滅しかけているポニーテールでしたが、そのへんにサリィの影響を感じていました…サリィって、どこかオールディーズっぽい匂いを感じるんですよね。ロカビリー調の曲があったり、ドゥワップをやったり、デビュー時のビートルズっぽさがあったりして。でもって、このビデオはたしかファンクラブ限定販売だったはず。僕はその彼女に見せられました…ファンクラブに入っていたんだな、あいつ^^;。

 アイドルと思っていたのに、曲はいいし演奏は上手い、正直いってビックリしました!サックスとギターが掛け合いで長尺のインプロヴィゼーションやったりしてるんですが、これが素晴らしい。ギターなんて思いっきり『E.C. Was Here』のエリック・クラプトンで(ギターも黒のストラトだった^^;)、柳ジョージ級のクラプトンのコピー完成度で、変なスワンプ・ロックやってる頃のクラプトンよりカッコ良いと感じた程でした。そんな風に音大生だった僕が褒めちぎるもんだから、彼女が喜ぶこと喜ぶこと。でも褒めちぎったのはお世辞じゃなくて、本当に良いと思ったんですよね。

 もうひとつ心に残っているのは、客席が映されたとき。アイドルバンドなので、当然客席には女の子しかいないんですが、まるでデートでもするかのように着飾った彼女たちが、ステージの明かりにぼんやり照らされて、その目には涙が…。SALLYはデビューして3年で解散したバンドなので、彼らを聴き始めた時に高校生ぐらいだったファンが、大学生になったり社会に出たり成人したりぐらいの年齢、つまり少女から女になっていく頃合いだと思うんですが、その卒業のタイミングとSALLYの解散が重なっていたんじゃないかと。彼女らにとっては青春を一緒に生きたのがSallyで、この解散コンサートが青春時代の終わりだったのかも。そんな風に感じてしまったもんだから、ファンでない僕にすら胸に迫るものがありました。

 売れるというのは難しい事なんですね、80年代の日本でこれぐらい作詞作曲も演奏もできたアイドルバンドというと、チェッカーズ、Show-ya、BOOWY、レベッカ…そんなに多くなかったと思います。その中でSALLY の実力が劣っていたとは思えません。ライブでこれだけ演奏出来て、チャート番組に何度もヒットシングルを送り込んで、それでも決して売れたバンドとはいえないんですから、ショービズの世界は厳しい…。このビデオ、僕は昔の彼女に見せてもらったきりなんですが、本当にいいライブビデオだったという記憶が今も残っています。今では入手困難でしょうが、もしSALLYのファンの方で観たことがない方がいらっしゃいましたら、ぜひ!
11 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS