FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ドキュメンタリーフィルム『ジミ・ヘンドリックス / ライヴ・アット・モンタレー』

JimiHendrix_LiveAtMonterey_film.jpg 映像で見る1967年6月18日モンタレー・ポップでのジミヘンのパフォーマンス、僕はジミヘンのモンタレーはレコードより映像が先の体験でした。音盤と違って良い点はふたつ。ひとつはドキュメンタリーなのでこのコンサートの歴史的な位置づけとか、当時の様子とか、そういうところが細かく描かれていること。きっと、監督がいいんですね(^^)。そしてもうひとつは…動くジミヘンの脅威の演奏を見ることが出来る事です!

 ビートルズストーンズジャニス・ジョプリンも、ジミヘンのステージを楽しみに待っているのが映し出されていました。とくにジャニスはニコニコ楽しみにして、普通に観客席に座っているのがいい(^^)。ロック・ミュージシャンのうちでも「ジミヘンっていうとんでもないギタリストがいるらしいぞ」と評判になってたんでしょうね(^^)。
 また、ヘアスタイルやファッションといった、60年代当時の文化を感じられたのも良かったです。ミュージシャン以上に客のファッションがいいんですよ、みんな同じ格好をしている今より個性がある。ミュージシャンだけでなく、一般の人もサイケな服を着てたりするし。例のジミヘンがギターを燃やしてしまうシーンで、あぜんとした顔をしてそれを見つめてるお姉ちゃんがいるけど、服もヘアスタイルもマジでおしゃれ。建築や洋服のデザインって、昔の方が優れていて、どんどんショボくなってきてる気がしますね。それは音楽も一緒か。

 そして、動くジミヘン。モンタレーの1曲目は、あの超絶のカッティングが炸裂する「Killing Floor」ですが、中学生の時に初めて見たときは、もうこの曲だけでぶっ飛びました!これは津軽三味線だわ、みたいな(^^)。最後の「Wild Thing」の暴れっぷりも良かったなあ。あ、あと、ドラムのミッチ・ミッチェルがすげえと思った…次から次へと、はじめてみた中学の頃を思いだします…なつかしい、俺もついこの間まで中学生だったんだよなあ…。ジミヘンって右利き用のギターを左に構えて演奏するじゃないですか。だから、弾く手を下から入れて演奏するんですが、あれがカッコよくて真似したっけ。そうそう、友達と「ギターに火をつけた伝説のステージとかいうけど、なかなか火がつかないし、燃え始めても火がショボいよな」な~んて話して大笑いしたっけ。そういう会話が昨日の事のようです。

 思い出話ばかりになっちゃいましたが、ロック史上に残る伝説のライブ。ジミヘンのライブはウインターランドやフィルモアイーストなど素晴らしいものが色々ありますが、ここから伝説が始まったと思うと、やっぱりモンタレーも外せないですね(^^)。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Jimi Hendrix / Jimi Plays Monterey original motionpicture soundtrack』

JimiHendrix_Jimi Plays Monterey ロック伝説の公演!1967年6月18日、モンタレー・ポップ・フェスティバルでのジミヘンのライブ演奏です。ジミヘンがギターを燃やしたことで有名なステージがこれで、このライブがジミヘン伝説の始まり!これはLPですが、音源はフィルムと同じなんでしょうね(^^)。ドキュメンタリーフィルムとの違いは、このLPには「Can You See Me」が入ってること。そしてこの「Can You See Me」が、あのちょっとショボめのスタジオ録音とは大違いでものすごい勢い!いやーこれはカッコいい。。

 ジミヘンのライブって、モンタレーから始まった感があるじゃないですか。つまり、最初の時点で、死ぬ直前まで弾き続けた「Foxy Lady」「Purple Haze」「Rock Me Baby」というナンバーを演奏していて、しかもどれも完成形。演奏が完全にモノになっていて、ぶっ飛んでます!まあでも、プロのセッション・ミュージシャンとして活躍していた頃からとんでもない評判のプレイヤーだったそうなので、デビューと言ったってその時点で8年選手ぐらいのベテラン状態、このぐらいは朝飯前だったんでしょう。ソロ・デビュー前のバックバンド時代の録音を聴くと、これ以上にキレッキレだったりしますしね。それにしても、オープニングの「Killing Floor」のキレッキレのカッティングは人生で何度聴いてもものすごいっす。やっぱりブレイクする人は、ここ一番の大舞台でバシッと決めてるもんなんですね。。

 とはいえ、若い頃に聴いた印象だと、最初の「Killing Floor」はカッコいいけど、その後はそこまで持ち上げるほどのものと思わなかったんです。聴く前の前評判が高すぎた事もあったのかも知れませんが、途中でだれるんですよね。久々に聴いて、その理由が何となくわかりました。「Like a Rolling Stone」と「The Wind Cries Mary」が勢いを削いでる事と、ジミヘンの才能が勢い方面に全振りな事です。
 まず、ライブの流れをもたつかせている2曲カットして聴いたら…うわあ、すごい勢い、爆走じゃねえか、メッチャかっこいい!
 で、勢い方面に全振りの演奏ですが、いま聴くとこれはこれでいいと感じました。一本調子になってるし、デビューアルバムみたいな作曲センスや『Electric Ladyland』みたいなアーティストとしての才能は聴けないけど、これはレコードで聴く前提じゃなくて、フェスティバルの大トリでのパフォーマンスなんだから、細かい音楽のニュアンスや曲じゃなくて、男気を伝えてぶっ飛ばす、という以上の正解はないのかも。「Wile Thing」なんて、ほとんどノイズ・ミュージックですし(*´∀`*)。
 ロックの中で伝説に残っているステージのひとつ。好き嫌いはともかく、これを一度も聴かずに人生を終えちゃいけません!


12 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS