FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:室内楽全集』

Poulenc_SitunaiOnagakuZenshuu.jpg プーランクの室内楽すべてを収録した2枚組CDを発見!こんなの見つけてしまったら買わないわけにいきません(^^)。そして聴いてみたところ…いや~素晴らしかった!のだめカンタービレで「やきトリオ」が演奏していた3重奏も入っていました。ミシェル・ポルタルも参加してました。ポルタルさんをはじめて聴いた時は「エリック・ドルフィーよりも凄いじゃないか!」と驚いたものですが、クラシックとのバイ・プレイヤーなんですよね、うまいわけです。。
 さて、収録されていた曲は以下のとおりでした。

・フルートとピアノのためのソナタ
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
・オーボエとピアノのためのソナタ
・ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
・クラリネットとバスーンのためのソナタ
・管楽器とピアノのための六重奏曲
・チェロとピアノのためのソナタ
・クラリネットとピアノのためのソナタ
・2本のクラリネットのためのソナタ
・ホルンとピアノのためのエレジー
・ピアノ、オーボエとバスーンのための三重奏曲
・城への招待

 3管のソナタあたりは、相変わらずプーランクさんにからかわれてる気がしますが(^^;)、その他のフルートソナタ、クラとバスーンのためのソナタ、チェロソナタの2楽章、クラリネットソナタあたりは楽しげでもあり美しくもあり、時に前衛的で、なにより見事な筆致が本当に素晴らしくて、聴いていてため息が出てしまいました。技法も多彩で、しかも現代的。クラシックって、モーツァルトベートーヴェンを聴いて「音が古くさい」「長い」「イケてない」と敬遠してしまう人もいるかと思うんですが、プーランクの歌曲や室内楽はジャズを上回るほどの小粋なサウンド、和声進行も今のポピュラー音楽と同じぐらいに小節単位で移り、1曲1曲も短いので、クラシックを敬遠している人でも間違いなく楽しめる音楽だと思います。これを聴いちゃったらポップスやロックやジャズには戻れなくなるかも。。
 プーランクさんのフランス的な4度積み和音やパリジャン的な洒落たセンスって、歌曲や室内楽が一番合ってるんじゃないかなあ。大きい編成のものはイマイチに感じるものも多かったですが、これは歌曲に並んでメッチャクチャよかったです。買ってよかった、音楽の悦楽です(^^)。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『仮面ライダー KAMEN RIDER BEST 1971~1994』

KamenRider_Best1971-1994.jpg 仮面ライダーの主題歌集です。冬木透さん作曲の昭和ウルトラマンシリーズに比べると、仮面ライダーは劇中音楽の完成度が低いので、主題歌だけ聴ければいいというのが僕の見解。仮面ライダーの主題歌集CDは大量に出てますが、僕が子どものころに観ていた仮面ライダーは1号からストロンガーまでの計5タイトルなので、その時期の音楽だけ入っていて、それ以降は無いほどいいという僕の需要にまあまあ近いCDがこれでした。このCDは2枚組で、作品でいうと仮面ライダーから仮面ライダーJ(し、知らない…)までになるみたいです。

 テレビ番組として好きだったのは、最初の仮面ライダーの1~7話(蜘蛛男から死神まで)なんですが、主題歌で好きなのは最初の仮面ライダーとXライダーです。仮面ライダーXのオープニングのイントロって、血沸き肉躍ると思いませんか?僕が子どものころに聴いていたヒーロー番組の主題歌で、イントロで特に燃えたのがXライダーとテッカマンでした。そして、久々に聴くと…おお~やっぱり燃える!
 そして、聴くとまぶたの裏に映像が浮かぶのが、仮面ライダーV3。石灰の強烈な爆発の絵が脳裏に浮かんで、CDにはそんな音入ってないのに、脳内で「バ~~~ン!!」というすごい爆発音が再生される!V3はとにかく爆破が派手だった。。
 久々に聴いて意外に良かったのがストロンガーのエンディング曲「きょうもたたかうストロンガー」で、これもイントロが神!ホーンセクションの良さは、アトランティックのソウル・ミュージックより仮面ライダーの方が上、そしてこのやりすぎなブラス・アレンジは近藤真彦などのアイドル歌謡に引き継がれていきました(^^)。このCDではヴォーカルが水木一郎さんと子門真人さんの2バージョン入ってましたが、個人的な趣味は水木さん。力強さと哀愁の両方が入ってる曲想なので、子門さんが歌っちゃうとファンキーすぎちゃうんですね(^^;)。

 今回聴いていて気づいたのは、ストロンガーまでの昭和仮面ライダー5作品のオープニング曲すべてが短調だった事。最初の仮面ライダー「レッツゴー!!ライダーキック」がGマイナー、V3とXとストロンガーはCマイナー、アマゾンはEマイナー…ストロンガーまでのすべてがマイナーのアップテンポです。これって、改造人間の悲哀をを短調で、改造人間の強さをアップテンポで表現したんじゃないか…また好き勝手なこと書いてますが、多分正解でしょう(^^;)。

 もったいなかったのは、スカイライダー以降はまったく興味がないのでディスク2を1回も聴いてない事。残念だったのは、V3の劇中歌にライダーマンの歌があったと思うんですが、それが入ってればなお良かったかな?人類を守るために自分がミサイルに乗って軌道を変えた山口暁…じゃなかったライダーマンの憤死シーンで流れていた曲がありましたが、あれは音源が残ってないのかな…。でもいい曲とは思わないので、入っていたところで聴かなかった気もするし、まあいいか(^^)>。あの話は完全に特攻隊のノリだったな。そういう東映の任侠映画や戦争物や時代劇の脚本家が書いたのかな?
 
 懐かしかった!特撮ヒーローやアニメの主題歌は、6歳ごろまでの僕の人格形成に間違いなく影響しているはずなので、久しぶりに聴いてもはっきり覚えてました。これは他の特撮主題歌もいずれ聴かないと…持ってるんだなあこれが(^^;)。


01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS