FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eduardo Falú ‎/ Solos de guitarra』

Eduardo Falu_‎ Solos de guitarra 1962年のアルバム『Falú 1962』は、ギター独奏と弾き語りが半々のアルバムでしたが、こっちは完全なギター・インストです。1曲目に「コンドルは飛んでいく」が入ってますが、日本に最初にこの曲を紹介したのって、ファルーの演奏なんだそうです。

 いや~歌が入っていたらまだフォルクローレというのも分かりますが、ここまで来ると、ギターの素人の僕には完全にクラシック・ギターに聴こえます。しかもめちゃうまい。。指の力が強いというか、1音1音ががものすごく明瞭で、タッチもしっかりしていて、ヌルッと弾く多くの日本人クラシック・クラシック・ギタリストと根本的に違う感じ。きっと、もともとの体格とか指の太さとかが違うんでしょうね。

 アルゼンチンに限らず、ブラジルでもボリビアでも、南米ってギターの達人みたいのが各地に普通にいるじゃないですか。しかも、音楽学校に通って職業演奏家を目指すとかじゃなくて、フォークロアの中に普通にそういう人がいるのがすごいです。そして、インスト音楽や器楽曲が普通の文化の中に入り込んでいるという音楽文化の成熟度がすごいと思います。日本なんてまずほとんどが歌音楽だし、インストはプロが会場で人に聴かせるものであって、みんながインストを演奏したりそのへんで聴かれたりなんて全然ないです。ギター音楽って、ドイツ系とスペイン~ラテンアメリカ系がふたつの高い山だと感じますが、フォークロアにしてこういうミュージシャンがいてしまうのが、ラテン音楽やアルゼンチン・フォルクローレの奥深さ。すげえ。でも、このアルバム自体はあんまり僕の趣味ではありませんでした。演奏技術は凄いけど、音楽が面白く感じな…おっと、失言でした(^^;)。僕が本当に好きなアルゼンチンのモダン・フォルクローレとは…それはまた明日!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eduardo Falú ‎/ Falú 1962』

Eduardo Falu_ ‎Falu1962 アルゼンチンのフォルクローレって、一方ではアンデス系やボリビア系のプリミティブなフォルクローレ、一方ではシンプルなフォーク調歌曲、そしてもう一方ではスペイン系の器楽的なクラシック・ギター、このへんが混じっているイメージがあります。クラシック・ギター系のフォルクローレというと、アタウアルパ・ユパンキとエドゥアルド・ファルーが2大巨匠じゃないかと。これは1962年発表、レーベルはフィリップス。フィリップスって、欧米から見たワールドミュージックという視点から、いい仕事してますよね(^^)。。

 ギターのインストもあるし、弾き語りもありました。どちらにしてもコード押さえてストロークしてジャカジャカ弾くなんていう稚拙なものはなくて、バスと和声とメロディを一人多重奏するクラシックギターな演奏です。ファルーさんはクラシック・ギターを習った事がないそうですが、僕みたいなギターのアマチュアからすると、クラシックギターそのものに聴こえるので信じられません。でもなぜこれがフォルクローレかというと…歌ってるからなんでしょうね(^^;)。

 曲想としては、「コンドルは飛んでいく」的なフォルクローレやアルゼンチンを感じる事はなくて、ファリャあたりの古めのスペイン系クラシック・ギター曲みたいでした。こういう曲って、個人的にはあまりに刺激が足りな過ぎるというか、ルール通り過ぎるというか、時代が違い過ぎて共感できなかったりして(^^;)>。そんでもって、この古めのクラシック・ギターな伴奏な伴奏の上で歌うという伝統が、アルゼンチン・フォルクローレではずっと続いていくんですよね(^^)。


01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS