FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『David T. Walker』

David T Walker モダンジャズ黄金時代、ジャズとポップスは別の音楽でした。ところがフュージョンの時代になるとジャズ/フュージョン系のミュージシャンがソウルやポップスのアルバムに参加する機会が増え、とうとう両者の間に「クロスオーヴァー」と呼ばれるジャンルが発生。エンターテイメントより硬派な音楽が好きだった若い頃の僕にとって、ジャズから眺めるクロスオーヴァーはものすごく軟弱に見えてたもんで、クロスオーヴァーにはあまり近寄りませんでした。ところが、マリーナ・ショウという女性ヴォーカリストの『Who is this bitch, anyway?』というアルバムを聴いて「これはカッコいい!」とシビレれ、このジャンルを見なおすようになったのです。そして、マリーナ・ショウのアルバムでギターを弾いていたのがデヴィッド・T・ウォーカー、クソカッコいい演奏でした。これでウォーカーおじさんに注目したんですが、サポートミュージシャンとしての活動が多く、本人のリーダー作にはなかなかめぐり合えず。そんな時にめぐりあったのがこのアルバム、1971年発表のリーダー作です。

 1曲目がジャクソン5の「Never can say good-bye」、アルバム後半ではマーヴィン・ゲイ「What's Going On」も登場…つまり、クロスオーヴァ―というよりもポップスのインスト・アルバムなのでした。ウォーカーおじさんのアドリブは和声進行を元に新たなラインやアプローチを作り出すんじゃなくって、元メロディのフェイクがほとんど。音を溜めてチョーキングを多用するあたりはブルース的ですらあります。これはジャズじゃなくてインスト版ニューソウルだな。

 よく歌うギターなのですごく気持ちいいんですが、この音楽が何をしてるかを考えると、気持ちよく聴かせるBGMを作ってるんだな、みたいな。それを狙ってるんだから当たり前ですが(^^;)。ただ、このアルバムに出会った頃は、ジャズで言えばビル・エヴァンスの『New Jazz Conceptions』やチャールズ・ミンガスの『直立猿人』あたり、ソウルならニーナ・シモンの『I put a spell on you』なんかに心を震わせていたもんで、どうしても聴く優先順位が後になっちゃったんですよね。出会いのタイミングが違っていたら愛聴盤になっていたかもしれない1枚で、ティン・パン・アレー山下達郎を聴いていた若い頃に出会っていたら最高だったかも。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Ritenour / First Course』

Lee Ritenour_First Course これも70年代後半のフュージョン系ギタリストとして有名な人、リー・リトナーです。フュージョンがイマイチしっくりこない僕が、なんでこのあたりの音楽をそれなりに聴いているかというと、昔お世話になったドラマーの先輩がフュージョン大好き人間で、聴かされ弾かされたんです…苦痛でした(^^;)。でもその人は優しかったから、ついつい付き合っちゃったんですよね。これは77年発表のサード・アルバムで、リー・リトナーさんのアルバムの中では有名な1枚じゃないでしょうか。

 ここまで来るとジャズのかけらすらない、もうこれはポップスだろ…というのが聴いた当時の感想でした。ジェフ・ベックとAORが混ざったムード系フュージョンといって音を想像すれば大体あたってるんじゃないかと。2曲目の「Sweet Syncopation」なんて、パクリと言ってよいほどジェフ・ベックです(゚∀゚*)エヘヘ…よほど好きだったんでしょうね。でもって、曲にも演奏にも特に表現や主張を感じないもんで、これはスタジオミュージシャンがマーケットに合わせて作った音楽という印象。ディレクターも音楽ではなくて市場ばかりを見ていた気がするので、主体性がない音楽だな、みたいな(゚ω゚*)。

 ロック寄りでスタジオミュージシャン的な主張の弱い演奏のふたつが際立つもんだから、1970年代後半のこっち系のフュージョンはジャズとの繋がりよりも、ウエストコースト・ロックやAORとの繋がりの方が強く感じます。というか、これは僕の中ではジャズではなくポップスです。西海岸の音楽って、実はアート・ペッパーチェット・ベイカーといったウエストコースト・ジャズの頃からずっと、あまり音楽を聴かない人たち向けに作られてきた音楽だと思うので、その精神がここにも生きていたのかも。映画もそうですもんね。エンターテイメントな都市で生まれたインストAORと感じました。


02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS