FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Folklore from Croatia | tamburica orchestra veritas』

Folklore from Croatia_tamburica orchestra veritas セルビアの隣、文化も似ているように見えるのにセルビアとメッチャ仲が悪いクロアチアの音楽のCDです。戦闘機が上空を飛んじゃうし、「セルビア人お断り」「クロアチア人お断り」なんて看板が店先に出てるぐらいのレベルだそうで、日本と韓国やドイツとフランスの仲の悪さなんて可愛いレベル。14曲入ってましたが、ぜんぶトラディショナルだそうです。

 このCDにはいっている音楽は、すべて民族舞踊の音楽みたいでした。セルビアの舞踊音楽にすごく似ていて、いかにも東ヨーロッパのフォークダンスの音楽。テンポがどんどん速くなって、明るい曲想で、すごく楽しげです(^^)。ジャケットに写っている民族衣装もセルビアの衣装に似ていて、やっぱり文化は似てるんじゃないかと。音楽的に目立ったのは、主旋律を奏でるのがジャケットに写ってる撥弦楽器ですが、この民族楽器の高音がキンキンするんです。音色はマンドリンをさらにキンキンにした感じ。あ、ちなみに楽器編成は、ヴォーカルのほかはすべて撥弦楽器に聴こえました。主旋律を奏でる楽器が左右に対向配置されていて、ほかはコードとリズムを刻む楽器とベース。もしかしたらツィター属の楽器も混じってるかも知れませんが、みんなで元気に「ズン・チャッ・ズン・チャッ」とやってるので、音がだんごでよく分からない(^^;)。

 良く聴けば差があるのかも知れませんが、僕みたいなアマチュアが聴くかぎり、東ヨーロッパの民族舞踊音楽はブルガリアもセルビアもクロアチアも、みんな似たものに感じます。文化が繋がっているからないのだと思うんですが、音楽でここまで似たような文化を持ってるなら、政治で争わなくてもいいのにね。こんなに楽しくて爽快なダンス・ミュージックを持ってるなら、一緒に踊って仲良くして欲しいもんです。でもこの大変さは、島国の日本に住んでる僕には分かりにくいのかも。きっと、狭い地域に人間が多すぎるんだろうなあ。それにしても、楽しげでなかなかいい舞踊音楽でした!


スポンサーサイト



03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS