fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Village Music of Yugoslavia』

Village Music of Yugoslavia ノンサッチのワールド・ミュージック部門エクスプローラー・シリーズのカタログの中のひとつです。このシリーズは昔ワーナーが日本語解説をつけた輸入盤を出していた事がありまして、そのサブタイトルは『ボスニア=ヘルツェゴヴィナ、クロアチア、マケドニアの歌と踊り』でした。ブルガリア、アルバニア、ギリシャなどなど、バルカン半島の国々の音楽はどれも間違いなく面白いですが、政情不安定な地域だったからか、昔は聴くのがなかなか大変でした。というわけで、中古屋で見つけた時は「おお、ボスニアの現地録音盤があるのか?!」と狂喜乱舞、即買いでした(^^)。1968年の現地録音、6つの村で採録したものでした。

 ボスニア=ヘルツェゴビナ、クロアチアマケドニアの音楽と言っても、このCDに入っているのはすべてクロアチア人の音楽でした。タイトル通りヴィレッジ・ミュージックといった感じで、プロの音楽家ではなく村人が演奏している風で、ほとんどがフォーク・ダンスか民謡風の音楽でした。

 いちばん多く入っていたのがフォークダンス風の音楽。伴奏楽器はギター、マンドリン、フィドルで、この上でみんなでワイワイうたいます。盛り上がって叫ぶ人も(^^)。これは楽しそう、村の祭りとかで踊るんだろうな。エキゾチックに感じる曲想はなく、ブルガリアのような複雑な変拍子などもありませんでした。これはクロアチアが比較的西ヨーロッパに近いからかも。

 民謡は、無伴奏合唱はハーモニーがバルカン風。マケドニアやアルバニアが近いですし、こういうハーモニーはスラヴ民族共通なのかも知れないと思いました。歌の節のつけ方にブルガリアン・ヴォイスに共通するものも感じました。独唱となると、もうこれは田舎の民謡といった感じで、こうなるとヨーロッパもアジアもなくて、「あ、民謡だな」みたいな。おばあちゃんが歌っているようで、聴いていてホッコリしました(^^)。

 唯一、西アジアというかギリシャというかトルコというか、あちら方面の音楽を感じさせるものがありました。バレル・ドラム系の打楽器の伴奏に、ダブル・リード系の楽器が2本で演奏するもの。リード楽器のうち1本はドローンとして使っているので、バグパイプのようにも聴こえました。これがかなりカッコいいインスト音楽、東ヨーロッパの国にはどこもこういうトルコの軍楽的な音楽が残ってますが、こういうのを聴くとオスマンの影響力って本当に強かったんだな、と感じます。

 『Folklore from Croatia | tamburica orchestra veritas』よりもこっちのCDの方がリアルなフォルクローレっぽく感じました。冷戦下のヨーロッパの火薬庫での録音、これは貴重じゃないかと!


スポンサーサイト



03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS