fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『大地躍動 中央アフリカの歌と踊り』

DaichiYakudou ChuuouAfrica no Uta to Odori これも中央アフリカの民族音楽を収めたCDです。僕は日本のキングレコードが出したものを聴きましたが、裏面のクレジットを見るとどうやら仏ハルモニア・ムンディ原盤みたいです。

 印象は、Ocora盤『MUSIQUE CENTRAFRICAINE』とほとんど同じでした。プリミティブで、アフリカの民族音楽の中では比較的小編成のものが多くて、打楽器音楽はポリリズミック、サンザ(親指ピアノ)を使う事があって、声の音楽はシンプルなものが多い、みたいな。

 シンプルな歌は、打楽器を伴わないものの場合は国籍不明。これを東欧の民謡と言われても東南アジアの歌と言われても僕は信じてしまいそうです。というわけで、歌って元々は5音を使うのがせいぜいで、リズムも4拍子とか3拍子とか相場が決まっていて、プリミティブなものとなるとみんな似るのかも。面白かったのは、他人の悪口をひたすら歌う曲があった事(^^;)。しかも、他人をあてこする歌というのはアフリカ全土にあるんだそうです。炎上案件ですね(゚∀゚*)。
 そして、中央アフリカに限らず、アフリカの音楽を聴いていてビックリするのは、子どもが歌はうまいしリズム感は抜群、すごいです。

 アマチュアにしてこのレベルの高さという事は、西アフリカも中部アフリカも音楽の素養バッチリな地域と感じます。残念なのは、これをベースにした芸術音楽が少ない事。伝統的な音楽、俗楽、リアルタイムの芸術音楽、この3つが揃っていてほしいと僕は思っちゃうんですよね。自分たちの文化にあった音楽を芸術音楽として現代化できた地域って、ドイツ音楽、ブルガリアン・ヴォイスバリ島のケチャイランやインドあたりがありますが、決して多くないです。これだけすごい音楽的な素養があるんだから、これを芸術音楽方面に進化させる人が出たら色んな意味でいい事になると思うんだけどな。まあ、そういう視点自体がアフリカの文化とは違う考えなのかも知れませんが。
スポンサーサイト



03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS