fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹 映画音楽③ 大島渚・羽仁進監督作品篇』

Takemitsu_EigaOngaku3.jpg オリジナル・サウンドトラックによる武満徹さんの映画音楽作品集、1集2集がどちらも素晴らしかったもので、あとは中古盤屋で見つけるたびに片っ端から買っていきました。5集だけは『乱』のサントラで大外ししてしまった黒澤&武満入りだったので迷ったんですけどね。。こういう買い方をすると、1枚ぐらい買えずじまいのものが出るもんですが、このシリーズはめでたくコンプリート!でもこのシリーズをぜんぶ買ったからと言って、武満さんの書いた映画音楽をぜんぶ聴けるわけじゃない所が痛い(^^;)。この第3集は、大島渚監督と羽仁進監督の作品集でした。

 大島渚監督の映画、僕はほとんど観てません。「愛のコリーダ」ですら観てないし、観た記憶があるのは「戦場のメリークリスマス」ぐらいかな?でもあれは僕にはピンとこなかったなあ。というわけで、完全に武満さんの音楽目当てで購入したCDですが…
 うおお、「愛の亡霊」がいきなりカッコいい!!こういう音楽になったのは、映画が、愛のために夫を殺して自分も破滅していく女の物語だからなんでしょうね。そして、「儀式」のサントラもすごい。これは武満さんの「悲歌」のヴァイオリンコンチェルト・アレンジ。いや~カッコいい…。ところでこの映画、桜田家の満州男の物語って…大島さんはやっぱり社会派映画の監督だったんだなあ。

 でも、すべてが武満ワールドというわけではなくて、あとはドラマの内容に合わせた劇伴的な音楽でした。「夏の妹」みたいな青春映画(?)の劇伴にはそれっぽいほのぼのとしたテレビドラマのBGM風だったりします。でもそれが時代を感じる内容で、「ああ、子どもの頃、親が見ていたテレビドラマの音楽ってこんな感じだったなあ」とほっこりしたりもするんですけどね(^^)。
 そんな中で、ちょっとした発見をした気持ちになったのは、羽仁監督の「不良少年」のクラシック・ギターを使ったBGM。クラシック・ギター曲の作曲って、ディアンスにしてもブローウェルにしても自分がギタリストである人が多いですが、武満さんってギタリストじゃないのにギター曲を結構かいてるんですよね。その作編曲のルーツを聴く思いがしました。

 武満さんの素晴らしい音楽を聴くというだけでなく、戦後から60年代後半あたりまでの日本のテレビ/映画音楽の歴史を聴いているようで、すごく楽しかったです。このCDは映画のあらすじも書いてるんですが、みんな見てみたくなってしまった。。50~60年代の日本文化って、映画も音楽も「自分たちは何者か」というのを強く意識しているようで、美学として素晴らしいものが多いと感じました。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹 映画音楽① 小林正樹監督作品篇』

Takemitsu_EigaOngaku1.jpg 武満徹さんの映画音楽集、第1集は小林正樹監督作品集。音楽の前に、「怪談」も「切腹」も、小林正樹監督の映画自体がまず素晴らしいので、観たことのない方は視聴をお薦めします!というか、戦争直後の48年あたりから60年代までの日本のモノクロ映画のクオリティの高さは半端じゃない、エンターテイメントなハリウッド映画とはやってる事のレベルが違います。そして、それらの映画が持っている独創性にひと役買っているのが、明らかに音楽。音響の構造化には無頓着、でも和声では世界有数の色彩感を誇る作曲家である武満さんの本領が発揮できるのって、実は映画音楽なのかも。

 僕的なこのCDのツボは、「怪談」と「切腹」の音楽でした。特に、最初に入っている27分におよぶ「怪談」のサントラがいきなり強烈!吹雪の音と音楽が見事に溶け合っています。そして、琵琶音楽や篠笛などの邦楽器の演奏がカッコいい。この琵琶の音楽は武満さん作曲というより、薩摩琵琶の手そのままなのかな?エフェクトされた読経もカッコいい。ちなみにこの音楽、まだ音楽賞のなかったカンヌ映画祭で絶賛されて、審査員たちが「この音楽に何か賞を与えないと」と、あわてて特別賞を作ったんだとか。そうされて当然の音楽じゃないかと。

 「切腹」、これも凄く良かったです。武満サウンドをした緊張感ある弦楽の和弦から琵琶になだれ込んでいくところがいい!

 「燃ゆる秋」「からみ合い」「日本の青春」「化石」は、けっこう普通の映画音楽。なんというんでしょうか、60年代の日本のテレビドラマで流れてそうな、メランコリックなヤツです。でも時代が時代なので、今ではちょっと聞く事の出来ない感じの音で、いい意味で時代を感じて良かったです。でもこういう音楽だけだったら、僕はこのCDを取っておかなかったかも(^^;)。

 映画には絵にあった音をつける、そこに日本的な色彩を持つ独創的で前衛的ですらある鋭い音を用意する。同じもののバリエーション違いの大量生産となっている今の映画とはまったく違う独創力があった戦後から60年代までの日本映画の凄さって、ひとつには音楽にあったと思います。僕はリアルタイム世代ではないですが、モノクロ時代の日本映画という強烈な文化を知る事が出来で幸せでした。一生手放さないCDシリーズに余裕で入選です(^^)。。


06 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS