fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

ストロング小林、逝去

Strong Kobayasi 昨年(2021年)末に、元プロレスラーのストロング小林さんが逝去されていたそうです。享年81歳…早死にの多いプロレスラーの中では長生きと言えるかも。それでも、子供の頃に夢中になったプロレスやプロ野球の選手たちの訃報を聞くのは、なんだか自分の少年時代が消えていく感じがして、とても寂しいです。

 僕がちゃんと見た小林さんの試合は、国際プロレス時代のラッシャー木村戦と、アントニオ猪木と戦った2試合の、合計3試合だけ。国際プロレス時代のラッシャー木村との試合は、どちらも技はないけどハードにぶつかり合う果し合いのような雰囲気で、独特の魅力を感じました。
 でもやっぱり一番すごかったのは猪木との第一戦。新日本プロレスのトップと国際プロレスのトップが雌雄を決する大一番で、昭和プロレスを代表する名勝負。プロレスで一番好きな試合はこれという人もけっこういるんじゃないかと。僕がこの試合をはじめて見たのは猪木さんの特番でやっていたダイジェストで、小林さんの仕掛けたカナディアン・バックブリーカーを猪木がロープを蹴ってリバース・スープレックスで返すというムーブに大興奮。有名な最後の猪木のジャーマン・スープレックスは今でも鮮明に記憶に残っています。

 僕が本格的にプロレスに夢中になった1980年頃には、小林さんは後輩に抜かれつつある老兵になっていました。藤波辰爾がジュニア・ヘビーでドラゴン・ロケットやドラゴン・スープレックスといった離れ業を連発して活躍、長州力も台頭して革命軍や維新軍を率いて猪木との戦いになっていき、前田明(昔はこういう綴りだった)や藤原喜明も出てきて…こういうストーリーの中に小林さんは入っていませんでした。猪木とのリベンジ・マッチも1試合目ほどの熱はなくて、ある意味では猪木に「小林はメインイベントを張れる奴ではない」と見切りをつけられていたのかも。猪木ってこうい所はすごく厳しくて、メインを張れると思えば、新人の前田や佐山でもどんどん使うくせに、駄目だと思ったらアマレス代表だろうが何だろうが容赦なく切り捨てるんですよね。そして、テレビに出てこない前座の試合に出ていただろうかつての国際プロレスのトップレスラーは、気がついたら引退。

 小林さんって確かボディビルダーからプロレスに入ったんでしたよね?体は大きい力はある、打たれても蹴られても頑丈、僕が思い描く力道山以降の戦後日本人プロレスラーの典型のような人でした。でも動きは少し遅く、レスリングやシュートの技術は無いように見えて、これが格闘技志向を持っていた頃の新日本プロレスとは相性が合わなかったのかも。タイプとしては全日本なので、もし馬場さんの方に言っていたらまた違っていたのかも。プロレス引退後はビートたけしのバラエティ番組などでたまに見かけましたが、そこで見る限り、ちょっと天然だけど人柄はすごく良い人という印象でした。
 猪木と日本プロレス界を震撼させる名勝負を残したのは、プロレスラー冥利に尽きるものでしょう。そういう意味では、幸せな人生だったかも。ご冥福をお祈りします。


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』

Ultraseven ga ongaku wo osietekureta 最初に結論を書くと…僕は絶対に薦めないけど、クラシックに詳しくなくてウルトラセブンが好きな人なら読んでもいいかもしれない。でも、この本に書かれていることを真に受けるのは危険。さらに、プロになれずとも音大に進んだぐらいの人が読むと不快に感じる可能性が高いと思います。このブログ、これまでに大量の感想文を書いてきましたが、今回は史上最大の侵略…じゃなかった、史上最大の酷評をする事になるかも。ですから、批判が嫌いな方はどうぞ読まないでください、あくまで一個人の意見ですので。

 音楽家でも批評家でもない人が、ウルトラセブンを見てクラシックに目覚めたという自分の体験を書きつづった本です。もし、高校まで部活で吹奏楽部にいた程度のどこかの少年が、子どものころにヒーロー番組を見て音楽が好きになり、専門家でないと困難なアナリーゼを行うでも、業界人でないと知りえない情報を載せるでもなく、シロウトの感想をつづっただけの本を出したとしたら、読者はその本のどこに価値を感じられるのか…そういう事です。

 内容が薄いならまだいいですが、この本、僕は読んでいて腹が立ちました。ひどく無責任に批判を行うのです。否定的な評を下すこと自体は悪い事ではないと思いますが、この本みたいな批評の仕方はまずいです。この本の3章のうち2章はウルトラセブン最終回で使われたシューマンのピアノコンチェルトの音盤の話ですが、それぞれの盤に色々と批評を行っています。しかしその批評が論拠を示さない単なる印象批判なのです。アマチュアが無記名で書きこむアマゾンのユーザーレビューとかならともかく、出版される書籍でただの印象批評をしていて良いのでしょうか。「少し過剰な印象」(p.169)、「リリカルで抒情的な熱をもって弾いてほしい」(p.116)…あまりにひどくないですか?

 批評って、根拠を示さなくていいんだったら、いくらでも持ち上げる事も貶す事も可能です。昨日ピアノを始めた子どもの演奏を「天才だ、傾聴に値する」と書く事だって、世界レベルの演奏技術を持つピアニストを「初心者レベルだ、ピアノやめた方がいい」とこき下ろす事だって、言葉ではいくらでも言えます。言葉は音と違って嘘をつけてしまうんです。言葉って実際にあった事から独立して、言葉だけで存在できてしまいますから。
 だから批評をするときって、事実と一致させながら論理的に展開しないといけないのではないでしょうか。「難易度が高いといわれているリストの○○を7歳の少女がノーミスで演奏しきった。だからすごい」みたいに、客観的な事実と言葉と等価にして文字を積み上げ、事実化していくわけです。ところがこの本の批評は、そういうことをしていません。根拠や事実を示さないで書かれた音楽評なんて、なんの事実も担保できないので、情報としての価値はゼロではないでしょうか。最低です。

 この著者が安易に批判した音楽監督もソリストも、この著者の何十倍もスコアを精査し、表現を決定し、厳しい練習をしたのだと思います。批判してもいいけど、批判する相手が自分よりも何倍も音楽能力が上で、かつ自分とは比較にならないほどその演奏のために労力を費やし、音楽に貢献してきたことを知るべきです。そうしたら、もっと言い方が変わってくるはず。明らかに音楽力に劣る人間が上から目線で書く事の滑稽さを知れ、と思ってしまいました。これだけド素人なものを書いておきながら、「有名な批評家に褒めてもらえた」とか書いちゃっているところも最高に痛かったです。

 この著者、完全な素人ではなく、天下の音楽之友社に務めていた方みたいです。出版社勤務の人が、批評に対してこの程度の認識しかない事は問題だと思うなあ。僕はウルトラセブンもシューマンのピアノ協奏曲も好きですが、この本から得られた有益な情報などひとつもなかったし、それどころかあまりの無知さと無神経さに、読んでいて不快になるばかりでした。知らない人にとって有益な情報は、セブン最終回のピアノ・コンチェルトのソリストがリパッティという事ぐらい…それだってネットでググれば3秒で分かる事ですけどね。僕が今まで読んだ音楽関係の書籍の中で、群を抜いて最低と感じた一冊でした。


01 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS