fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Paul Bley Quintet / Barrage』

Paul Bley Quintet _Barrage 1965年発表(録音は1964年)、先鋭的な音楽をやっていた頃のポール・ブレイがESPレーベルに残したアルバムです。メンバーが面白くて、サックスのマーシャル・アレンとペットのデューイ・ジョンソンというふたりのサン・ラ・アーケストラ参加ミュージシャンのほか、ベースにエディ・ゴメス(!)、パーカッションにミルフォード・グレイヴス(うおお!)。個性強すぎ、いう事きいてくれそうな人が誰もいないすごいメンバー、うまくいったらクソカッコよくなりそうだけど失敗したらバラバラになりそう(^^;)。、久々に聴くもんで、内容を全然覚えてないんですよね。。

 曲はすべてカーラ・ブレイ作曲でしたが、テーマ部分の短いメロディとせいぜい簡単な和声イメージを書いているだけなので、ほとんど即興に聴こえました。そういう指定の曲だったわけではなく、ゴリゴリのフリージャズなメンバーたちが勝手にそうやって演奏しただけなのかも…ありうるなあ (^^;)。それでもいちおうソロオーダーに従って音楽が進むので、簡単な構成譜ぐらいはあったのでしょう。曲ごとに個性も出るしプレイヤーが途中で音楽をどっちに持って行こうか悩んだりもしないので、まったくゼロからの完全即興より、これぐらいシンプルでも決めておくことは決めておいた方がむしろ思いっきり演奏できるのかも知れないな、な~んて思いました。

 そして演奏が熱い熱い!ポール・ブレイってフリー寄りのミュージシャンに括られますが、フリージャズ寄りの演奏をするときもまったく決め事なしの完全なフリーをやることはまず無くて、カーラ・ブレイやオーネット・コールマンやアーネット・ピーコックの書いた曲をフリーっぽくやることが多いです。そんなポール・ブレイの演奏の中でも、かなりゴリゴリのフリージャズに近いアルバムのひとつに感じました。この時期のポール・ブレイだと『Touching』というアルバムも有名ですが、あっちはけっこう考えながら演奏している風で、音楽がしょっちゅう止まって流れないんですよね。。

 ESPのレコードなので録音は相当に悪かったですが(バスドラうるせえ…)、それが逆にアングラ感を出していてカッコよくも感じました。ある意味ではポール・ブレイらしさがないとはいえるかも知れませんが、こういうもえたぎる演奏もいいですね(^^)。


スポンサーサイト



05 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS