fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Paul Bley Trio / Blood』

Paul Bley_Blood 1966年発表、メンバーがマーク・レヴィンソン(b)、バリー・アルトシュール (dr) となったポール・ブレイ・トリオのレコードです。60年代なかばから末までのポール・ブレイって、フリージャズと言って差し支えない内容の音楽をやっていたと思いますが、作曲者がきちんとクレジットされているのが通例で、そのへんはでたらめパワー押しアドリブなフリージャズというより、もしかしたらサードストリームとポスト・バップの間ぐらいを狙っていた人と思っておいた方がより近いのかも。このアルバムもそうで、アーネット・ピーコック(6曲)、カーラ・ブレイ(1曲)、オーネット・コールマン(1曲)、ポール・ブレイ(2曲)の曲を扱っていました。この作曲家陣ってポール・ブレイのスタンダードですが、カーラ・ブレイとアーネット・ピーコックの割合がひっくり返っているのが特徴といえば特徴でしょうか。

 どんな音楽であろうが1曲を5分程度にまとめられていて、それらがバラエティ豊か。テーマ終わったらほとんどフリージャズ的な即興(「Blood」など)。意外とポスト・バップなアプローチで仕上げた曲(「Ramblin'」…このオーネット・コールマンの曲がいちばんスタンダードに感じました。その時点で、どれぐらい当たり前ではないジャズをやっていたのか分かろうというもの)。小奇麗なフュージョンっぽい曲(「El Cordobes」「Mister Joy」など)、それと紙一重だけどギリでサード・ストリームらしさも残した曲(「Only Sweety」)、などなど。
 これらバラエティ豊かな音楽の中で、特に僕が良いと感じたのは、アーネット・ピーコック作曲の「Albert's Love Theme」「Nothing Ever Was, Anyway」といった内省的な曲での演奏でした。3人で演奏していてもほとんどピアノ・ソロに近く感じるほど、ピアノが音楽の重要な部分をすべて演奏していました。そのピアノの演奏も、メゾピやスローだからといって表現が抑え込まれているなんてことは全然なし。静かな中にアタックがパンと出されたり、和音にちょっとした工夫がされて、それらが素晴らしい緊張感を生み出していました。音楽が止まってしまう事もなくて、西洋音楽特有の強い進行感も感じました。
Paul Bley Blood_jacket2 60年代のあのフリージャズの流れの中で、たしかにこれは一歩抜き出した音楽かも。『Footloose』からこのアルバムあたりまでのポール・ブレイの「内省的」なピアノ・ソロというのは、かようにして表現力も和音への工夫も高い、緊張感も推進力もあるものだったんですよね。残念なことに、この「内省的」というのをどこではき違えてしまったのか、ECM以降になると…いやいや、これは言うまい(^^;)。

 それにしても、このアルバムのリズム・セクションの強力さったらありません。馬鹿テクだけでなく表現力も相当だし、フロントのやる事に見事に対応するアンサンブル能力も見事。フリー・ジャズって、フロントマンはでたらめな人も多いけど、リズム・セクションは普通以上の爆発力を持っているうえに、どんな音楽でも出来てしまう見事なプレーヤーさんが多いですよね。このアルバムのマーク・レヴィンソンやバリー・アルトシュールもその典型、こういう人をフリージャズのひとことで済ませちゃうと、事実からかけ離れるかも。メンバーもふたり被っているし、ジャケット・デザインも似ているからと言って、アルバム『Touching』の姉妹盤と思ってはいけないと感じました。
 でもまあ、これだけ色々といい事をやっておきながら、自分の行く道を決めきれない、長所で突き抜けきれないところがポール・ブレイ。プロレスでいえばスーパー・ストロング・マシンやジャンボ鶴田、野球でいえば原辰徳みたいなもんで、一流ではあるんだろうけどレジェンドとは言い切れないものがある、みたいな(^^)。でも、フリージャズ期のポール・ブレイのリーダー作では、間違いなく上位に来るアルバムじゃないかと。そして、このメンバーでの決定作は…その話はまた次回(^^)。。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Paul Bley Trio‎ / Closer』

Paul Bley_Closer 1966年発表(録音は65年)、先鋭的なジャズを演奏していた頃のジャズ・ピアニストのポール・ブレイが発表したアルバムです。レーベルがESPなので、前衛性や即興色が高いものかと思いきや、全曲とも作曲作品。カーラ・ブレイ、アーネット・ピーコック、オーネット・コールマンが作曲者としてクレジットされてました。ベースにスティーヴ・スワロウが復帰しているのが僕的にはマジ萌えでした(^^)。

 カーラ・ブレイ作曲の1曲目「Ida Lupino」が穏やかで超ノーマルだったもんで、一瞬「あれ?あれれ?」と思ってしまいましたが、2曲目以降は知的で過激なポール・ブレイな世界でした。ああよかった(^^;)。「Start」「Batterie」「Cross Roads」「Violin」あたりは、曲も演奏も、保守すぎず前衛すぎず、本当にカッコよいと思いました。

 ただ、なんというか…非常に独特なサウンドやフレーズを作るように即興をしたり、耽美的にばかり演奏するようになった70年代と比べれば弾いている方だとは思うんですが、もうひとつ感動できなかったです。これだけカッコいい事やっていて、なんで感動できないんだろ…ひとつ思ったのは、曲に起承転結をつける演奏をしていないので、どの曲もクライマックスを迎えるという事がなくベタっとしてしまって、それが感動に繋がらない理由のひとつかも。もうひとつは、単純にまだ演奏に慣れてないのかな?このアルバムに入ってる曲って、この後のアルバムで何度も演奏する事になるんですが、そっちの方が熱くてカッコよかったかな…。

 というわけで、ポール・ブレイのアルバムの中でも良作に入る1枚とは思うものの、『Footloose』や、ジミー・ジュフリー・トリオでの神がかった曲や演奏にも、この後BYG Actuel から出たアルバムにももう一歩届かない感じ。彼のファンなら文句なしの買いでしょうけど、そこまで入れ込んでない場合は、『Foot Loose』やジミー・ジュフリー・トリオを聴いた後で手を出した方がいいかも知れません。


05 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS