fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Joe Pass / Virtuoso』

Joe Pass Virtuoso 1973年録音、ジャズ・ギタリストのジョー・パスのギター独奏集です。スタンダード・ナンバーの演奏で、言ってみればジャズ・ギター独奏のお手本集みたいな感じでした。

 僕は、ギターってアンサンブル楽器である以前に独奏楽器だと思っているんですが、ジャズ・ギターで独奏できるプレーヤーって意外に少なくて、その意味でもこのレコードは貴重。というか、ジャズのギター独奏のレコードでいちばん有名なのってこれじゃないかと思います。そして、ジャズに限らず、西洋のポピュラー音楽で、リードシートを見てアドリブ込みで演奏したいギタリストにも、これは持ってこいの教科書と思いました。このレコードに入った演奏を拾った楽譜も、いくつも出てますしね(^^)。
 パッと聴きでいえば、ジョー・パスのギター独奏の組み立ては、小節の最初にコードかバスを弾いて、残りはラインのアドリブ、みたいな。これがベースにあって、リハーモニゼーションしたブロークンコードのアルペジオで作る旋律とか、表拍バス裏拍コードのコンビネーションとか、上行なり下降なりのシングルラインで埋めるフレージングとか、そんな感じ。それぞれは一種のユニットになっていて、「あ、ここはコードを押さえたままだな」「ここはスケールアプローチに行ったんだな」「ここは決め打ちの循環コードソロだな」みたいに演奏している立場になって聴くと、あのジャズ・ギターの神様のソロのトリックが分かる、みたいな。そうやって聴くもんだから、きいていてメッチャ疲れました(^^;)。でも聴いていると、ギター弾きたくなっちゃったりして…理屈は分かるので弾ける気になっちゃうんですが、いざやるとこれが相当難しいんですよね。野球や音楽見たり聴いたりしてああだこうだいうアマチュアの人がいますが、いざやってみると出来ないものなんですよね(^^)。

 反面、どうしても「リードシートに合わせて演奏するギター演奏見本集」と聞こえてしまって、純粋に音楽として鑑賞できませんでした。どうしても「あ、こうやるのか」という所に耳が持ってかれてしまうというか。実際、あくまで運指でしか音楽を表現してないですし、音色だってギブソンのフルアコをアンプ直結して出しただけみたいな感じでぜんぜん色っぽくないですしね。でもジャズ・ギターというジャンル自体が左手アドリブの完成披露宴みたいな所ありますし、ジャズ・ギターのファンならそういうのは問題ないのかも。いずれにしても、好き嫌いはともかく、ジャズを含めた西洋ポピュラー音楽のギタリストなら一度は聴かないといけないアルバムじゃないかと!


スポンサーサイト



06 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS