fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Tito Puente / Top Percussion』

TitoPuente_YopPercussion.jpg 1958年年リリース、ティト・プエンテのリーダー作です。これもサルサ楽団のバンドリーダーとしてではなく、パーカッショニストとしてのティト・プエンテに焦点が当たったアルバムでした。同様のアルバムではやや芸術音楽調だった『Tambó』に対し、こちらは民族音楽調。いやあ、こういうのをリリース出来てしまうところに、RCA やティト・プエンテのの懐の深さを感じます。

 アルバムは、サイドAがティト・プエンテ以外の人が書いた曲、サイドBがティト・プエンテの書いた曲でした。とはいえどちらもほぼ同様の傾向で、これがサルサ・バンドのリーダーが創り出したアルバムとは信じられないほどの民族音楽調。作曲者のクレジットを見てもなお、僕は「これってアフリカの音楽そのままでしょ?その打楽器隊のアンサンブルを作ったのが作曲者というだけでしょ?」という疑問をぬぐい切れなかったほどでした。すげえ。
 ヴードゥーの音楽やアフリカ音楽でほぼこのままの形式を聴いたことがありますし、このブログのワールド・ミュージックの欄にアフリカ音楽がいっぱい紹介してありますので、ぜひアフリカのコール&レスポンスの音楽を聴いてみてください。そっくりどころか、ほとんどそのままなのです。打楽器セクションこそないものの、アメリカの黒人教会の集会でもこんな感じなのがあったな…。ティト・プエンテってヒスパニック系だと思うんですが、アフリカ系の音楽に惹かれるんですかね…。

 音楽の構成は、全11曲中7曲がヴォーカルとコーラス入り。ヴォーカルはコールするひとりとレスポンスする大勢に分かれ、節こそついているものの歌からは遠く、うしろでパーカッション隊が強烈なポリリズムをたたき出して、ループを創り出していました。パーカッション隊の中にはモンゴ・サンタマリアの名前もありました。クレジットを見るとベースも入っているのですが、私はベースをぜんぜん聴きとれていませんでした。ラテン音楽だと思って安いスピーカーに切り替えて聴いていたんですが、低音をろくに再生できない安いスピーカーで聴いてちゃダメですね(^^;)。

 ただし、ティト・プエンテ作曲のものにはヴォーカルの入っていない純粋なインストもあって、この中には上記のパーカッション合奏をラテン音楽調のリズムにアレンジしたものも入っていました(M9「Ti Mon Bo」)。これを聴いて、何となく合点がいった気が…
 楽器って、その道を究めていくとジャンル関係なしにその楽器で園児らっる音楽の技術すべてを追うようになっていったりするじゃないですか。たとえばギターの道を追っていったら、最初はフォークやロックやジャズから始まっていたとしても、フラメンコのラスゲアードも、ボッサのクラーベも、クラシックギターのひとり多重奏も、みんな演奏できるように道を究めていきますよね。ティンバレスというひとりポリリズムを創り出すティト・プエンテが、ポリリズムを追求する過程で西アフリカのタムタム合奏に触れないままでいるなんて、あり得ないと思うんですよね。

 ワールド・ミュージック大好きな人なら、この音楽はすんなり入ってくると思うんですが、戦後の英米ポップロックやその亜流(日本のチャート音楽もですね^^;)で音楽観が完成している人、反対にサルサに強い固定観念を持っている人なんかが聴くと、ちょっと抵抗がある音楽かもしれません。でも、そういうものをいちど捨ててしまえば、これは間違いなく素晴らしい音楽だと思いました。
 現代の視点でこの音楽とリスナーの間に生まれる意味を想定するとしたら、ソロでも合奏でもポリリズムに魔術的な才能を発揮したティト・プエンテの音楽の背景にあったものを知ることが出来る、ラテン・ビッグバンドがいないのでサルサ・バンドの強烈な打楽器陣がどういう演奏をしているのかをはっきり聴きとることが出来る(あ、そういう意味ではラテン音楽をやっている打楽器奏者の人には最高にありがたいアルバムかも)、プレーヤーというものが表で演奏する音楽と裏で追及しているものは実は大きく違っていたりするという事を知ることが出来る(ましてエンターテイメント音楽に従事しているプロ・プレーヤーの場合はなおさら)、な~んて所は、仮にこの音楽に馴染めない人にとっても起きなプラスとなるアルバムかも。いや~それにしてもすさまじい演奏でした、すごい…。


スポンサーサイト



11 2023 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS