fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『オリジナル盤による戦前欧羅巴映画主題歌集』

Original ban niyoru Senzen Europe eigashudaikashuu 無声映画からトーキー映画になって以降の、戦前のドイツ映画とフランス映画の主題歌集です。オリジナル音源という所が大事なところで、「嘆きの天使」がマレーネ・ディートリッヒの声で聴けたりするわけです!このCDは2枚組なんですが、1枚目がドイツ映画、2枚目がフランス映画編となっていました。あとで調べて分かった事ですが、これってLP時代にはドイツ編とフランス編で分売されていたみたいです。
 
 このCDを手にした理由は、戦前のドイツやフランスの映画ってどんなだったのかを知りたかったんです。その時代のアメリカ音楽もアルゼンチン音楽も日本音楽もまだ分かるけど、ドイツやフランスって知らないと思いませんか?ミュゼット楽団だって、その時代の録音を僕は聴いた事がなかったし、民謡ではない民間音楽がどんな感じだったのかを知りたかったんです。今の映画だったら、時代や地域を考慮してその時代の音楽に寄せたりもするでしょうが、戦前だとその時代の音楽をそのままやっている気がしたんですよね。
 結果はなかなか面白くて、これが民間音楽だったわけじゃないだろうけど、映画や音楽といったエンターテイメント産業のリアルな音楽だっただろうことは理解できました。管か管弦かスモールコンボかという違いはあるにせよ、プロ楽団が演奏して有名な歌手や女優が歌う、という形式で、音楽自体は長調か短調のリート形式なんですね。つまり、エディット・ピアフあたりの歌うシャンソンと、ほとんど同じ。流行もあったのか、アコーディオン入りでタンゴのリズムで書かれた曲が演奏される事があるあたりも、時代を感じて良かったです。
あと、ドイツとフランスで差が出るのも面白かったです。ドイツはロマン派のクラシック歌曲に近く感じるものが多かったですが、フランスはミュゼットぽいものとか(有名な「巴里の屋根の下」なんてその典型)、大道芸人たちがやっていそうな音楽が当たり前のように入っていたのが印象的でした。
 でもって、どちらもプロ楽団のレベルが高くて素晴らしかったです。なにせアメリカ音楽に毒される前のドイツとフランスの職業音楽家ですから、作編曲家もプレーヤーもみんなクラシックの素養があるんでしょう、戦後の英米ポピュラーとはレベルが段違いでした。曲はリート形式のシンプルなものだけど、でもロマン派時代のクラシックの歌曲とそん色ないものに聴こえました。これっていつか再評価される時が来るだろうなあ。。

 そして音楽の他に書いておきたい事が。このCDには60ページほどの分厚い解説書がついていましたが、そこでの映画評論家の野口久光さんの戦前のヨーロッパ映画の歴史や作品についての解説が凄かったです!!野口さんの解説だけで30ページ近く、歌の日本語訳が25ページほどありましたが、この約60ページのブックレットだけでもこのCDは買う価値があると思います。僕、この解説で面白そうな戦前のヨーロッパ映画のタイトルをチェックして、けっこう見ましたから(^^)。またその映画が素晴らしかったんですが(実はトーキーどころかそれ以前が映画ってすごい)、それについてはまた機会があれば。


スポンサーサイト



12 2023 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS