fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『松山千春 / ゴールデン☆ベスト』

MatsuyamaChiharu_GoldenBest.jpg 70年代後半にデビューした日本のフォークシンガー・松山千春さんのベスト盤です。松山千春さんも中島みゆきさんと同じように、オールナイト・ニッポンのパーソナリティを務めて人気に火がついた人。ある考え方や感想を語るフォークシンガーさんですから、あれこれグダグダ語れる深夜長時間のラジオパーソナリティーにはうってつけだったのかも知れませんね。それにしても、深夜のラジオ放送から人気が出るなんて、今ではちょっと考えられない気が…時代だなあ (^^)。

 70年代の青春テレビドラマとかで使われてたような詞と音楽!フォークと言っても70年代後半で大手レコード会社からデビューした人なので、メッセージソングや社会的プロテストなフォークではなくて、フォークギターでやる歌謡曲、みたいな。ヒット曲「長い夜」に至っては完全にロック歌謡。曲は基本的にアコギ弾き語りにバンドがついているスタイルで、このアレンジが実にダサいんですが(「長い夜」は好き)、いま聴くと一周回ってクッソ懐かしくて涙が出てきそうです。。「め~ぐ~る~め~ぐ~る~季節の中~で~」とか、アーモンドチョコか何かのCDで流れてたなあ。

 詞は、産業音楽化の影響なのか、「青い空」「時の流れ」「空は高く」みたいに、頭で考えただけのリアリティの薄い綺麗ごと量産型が多くて、弱く感じました。フォークの人って、アマチュアの人を含め、なんですぐ「空は青く」みたいに言っちゃうんですかね?空の青さを言うにしても、もうちょっと詩の勉強をすればいいのに…。
 そんな中で出色だった詞が「恋」。ずっと同棲していて、いよいよ別れを決意した女性の心情を歌った曲なんですが、この詩だけは、若い頃からいつもグサッと心に刺さるんですよね。

部屋の灯りはつけておくわ 鍵はいつもの下駄箱の中
今度生まれてくるとしたなら、やっぱり女で生まれてみたい
だけど二度とへまはしない あなたになんかつまづかないわ


 僕がリアルタイムで聴いていた(と言ってもまだ小学生でしたけど^^;)日本のフォークは,千春さんや中島みゆきさんあたり。まだその前にはさかのぼってなくて、岡林信康さんも赤い鳥も反戦フォークも聴いてなかったし、アメリカのフォーク・リバイバルなんかも知らなかったので、こういうのがフォークだと思っていました。その前もその後も知っている今からすれば、フォークというより、Jポップスのシンガーソングライターの走りぐらいに思うけど、原体験のフォークがこのあたりの音楽なもので、聴くとたまらなく懐かしい気持ちになってしまうんですよね。「恋」は永遠の名曲、僕は何歳になってもこの曲を聴いて涙を流してる気がします。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『河島英五 / アコースティック・ベストセレクション』

KawaSHimaEigo_Accoustic Best Selection 日本のフォークシンガー河島英五さんのヒット曲を、アコースティック楽器だけのバックで再録音したものです…たぶん。大資本の入ったレコード会社が出すようになった昔の日本のフォークって、レコード会社側の用意したスタジオミュージシャンのバックバンドがついて、いかにもお仕着せのレディメイドな歌謡曲にされちゃったものが多かったので、これはナイスなじゃないか?な~んて思った僕が甘かった(^^;)。。

 1曲目、たしかにアコースティック楽器のみの演奏ではありました。でもストリングスだよ…。僕が望んでいるのは、居酒屋や狭いライブハウスなんかでギター一本で歌ってるフォークシンガーの生の声という意味での「アコースティック」であって、これじゃレコード会社主導のお仕着せ歌謡曲となにひとつ変わりません(^^;)。アコースティックの本当の意味が分かってないな。。さらに2曲目に至っては、シンセサイザーにエレキベースも入ってて、アコースティックですらなかったです。タイトルに偽りありじゃねえか。

 聴き所は、「酒と泪と男と女」のピアノ弾き語りでしょうか。でも、これもエレベにドラムがついていて…マジで、どこが「アコースティック」なんでしょうね。どうにも、僕は河島さんのいいレコードと未だに出会えていないのかも。探せば、ギター弾き語りのいいライブ音源とかあるんだろうな。尾崎豊さんや河島英五さんみたいな強烈なヴォーカルのフォークシンガーさんは、弾き語りがいちばんいいと思うんですよね…。


02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS