fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Matching Mole』

Matching Mole 超がつくほどのプログレッシブ・ロックの名バンド「ソフト・マシーン」創設者のひとりが、ドラム/ヴォーカルのロバート・ワイアットさん。ドラムはジャズ色が強くて、しかもメチャうま、でもブリティッシュ・トラッドみたいな曲が好きという、ちょっと不思議な人です。ワイアットさん在籍時の初期ソフト・マシーンは、どんどん先鋭ジャズ色を強めていき、ロバート・ワイアットのヴォーカルも曲の演奏もされなくなって、ワイアットさんはバンド離脱。そして結成されたのがマッチング・モウルでした。
 そんなマッチング・モウルが72年に発表したのがこのファースト・アルバムでした。ちなみに、マッチング・モウルという名前は、Soft Machine のフランス語訳Machine Molle をもじったものなんだそうで。

 メンバーは、カンタベリー・ロックの名バンドから集まった構成で、ロバート・ワイアット (vo, dr)、キャラヴァンで活躍したデイヴ・シンクレア (kbd)、キャラヴァン、マッチング・モウル、ハットフィールド&ザ・ノースなどで活躍したフィル・ミラー (g)、そしてビル・マコーミック (b)。さすがリーダーというか、作曲はほとんどがロバート・ワイアットでした。

 ワイアットさんの力が強かったソフト・マシーンの1st や2nd は、ブリティッシュ・トラッドをロック調にしたようなフォーク・ロックにややサイケ色の入った曲と、ジャズ・ロック調の音楽をやっていました。これってデイヴ・シンクレアが参加したキャラヴァンもそうでした。このアルバムもまったく同じ傾向で、冒頭3曲が昭和日本のホームドラマかと見まがうばかりの、ほのぼのフォークロック調。たまにテープの逆回転とかキモチ悪いスキャットがダブルになったりとか、そういうのはあるんですけど、そのへんが普通のフォークロックじゃなくてサイケに聴こえる理由のような気が。
 でもって4曲目以降が、これまでのフォークロックとはまったく相容れないと思えてしまう初期ソフトマシーンやウォータルー・リリーあたりの頃のキャラヴァンのような、ジャズロック調。ジャズロックとはいっても、カンタベリー系のカラーに感じるのが、細かい事はやっても、ニュージャズみたいな挑戦的な踏み込みもなければ、白熱もしないところ。淡々とインプロヴィゼーションしてるというか…でも面白くないかと言うとそんなこともなくて、このへんが独特と感じます。

 ソフトマシーンの最初の2枚や、キャラヴァンのやっぱり最初の2枚、そしてマッチング・モウルのこのアルバムあたりのカンタベリー・ロックを聴いていて、僕がいつも感じるのは、なんでブリティッシュ・トラッドとジャズ・ロックみたいな、いかにも相容れなさそうな音楽が同居させられているのかという所。理由はあるんでしょうが、それを追求するほどまでには夢中になった音楽ではないので(好きは好きなんですよ!そこまで追求するほどのめり込まなかったというだけで)、理由は今も分からず。
 カンタベリー・ロックって、一定の人気はあるけどちょっとニッチな感じあるじゃないですか。それって案外まっとうな所かも知れなくて、これがまだ統一が図れていない段階の音楽であったと仮定すると、自分の中で納得できたりします。「この音楽が暗示する事になっている価値とは○○である」という所まで行きつけていないなら、それが絶大な評価を受けられないのは自然だし、でも箇所箇所が実に良いもんだから、ニッチな目で見ると「いやいや、いいじゃん」ってなる、みたいな。

https://amzn.to/3UaHeZF
スポンサーサイト



02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS