fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Matching Mole / Matching Mole's Little Red Record』

Matching Mole _Matching Moles Little Red Record ファースト・アルバム同様、これも72年に発表されたマッチング・モウルのセカンド・アルバムです。マッチング・モウルのリーダーだったロバート・ワイアットは酔っぱらってビルから転落して下半身不随になってしまってドラムを叩けなくなり、これがマッチング・モウルのラスト・アルバムになりました。死なないだけよかったよ。。
 ちなみに、このアルバムのプロデューサーはキング・クリムゾンロバート・フリップさんですが、フリップさんいわく、このアルバムの時点でのワイアットはドラッグでヘロヘロで「このバンドも長くはないな」と思ったんだそうな。あと、このアルバムにはバンドメンバー4人のほか、ブライアン・イーノがゲストで1曲だけ参加していました。ここでフリップとイーノが意気投合して、フリップ&イーノに繋がったんだそうです。

 大まかな傾向はマッチング・モウルのファーストや、ソフトマシーンの初期作品と同じで、あったかフォークロックとサイケとジャズロックが相容れないまま同居、みたいな。ただ、このアルバムで目立つのが、サイケデリック色の強さと、それを構成しに行く知性と感じました。
 カンタベリー系のサイケ色の特徴って、アメリカみたいな頭フワフワだけじゃなくて、どこかに知性を感じる所だと思ってます。このアルバムで言うと、ブライアン・イーノの参加した「Gloria Gloom」という曲なんか良い例で、ミュージック・コンクレート的なカッコいい出だしから、何人もの会話が交錯し、そのうちに初期ソフト・マシーン的な控えたジャズ・ドラム的なドラムが浮かび上がってきて、あのファルセットの気持ち悪いヴォーカルに繋がってました。これってもう作曲というか、完全に構成してるわけじゃないですか。こういう知的な構成力が随所にあって、アルバムの最後の独特な余韻なんかもそれ。
 一方のジャズ・ロック方面となると、サードやフォースの時期のソフトマシーンとほぼ同じところまで来ていました。ただ、プレーヤーがソフトマシーンの方が上で、その分小ぶりには感じましたが、これをやるんだったら何もソフトマシーンを脱退しなくたってよかったんじゃないかと思ったりして(^^;)。色々あるんでしょうね。

 これは素晴らしいアルバムでした。マッチング・モウルを1枚だけ聴くなら、僕的にはこれかな。。マッチング・モウルのファーストはおろか、ソフト・マシーンのファーストもセカンドも手放してしまった僕ですが、このアルバムは今も好きで手元に残してあるのでした(^^)。

https://amzn.to/498ceh7
スポンサーサイト



02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS