fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『バルタン星人を知っていますか? テレビの青春、駆け出し日記』 飯島敏宏+千束北男

Barutan Seijin wo Sitteimasuka_IijimaToshihiro 円谷一監督、野長瀬三摩地と並んで、初期ウルトラ三部作で監督を務めた飯島敏弘さんの、自伝的なエッセイ集です。自伝的エッセイというのは、自伝ではあるんだけど、話があっちこっちに飛びまくる雑談風の殴り書きだから(^^;)。でもそれだけにフランクな文章で、面白かったです。

 飯島監督って「千束北男」なんていうペンネームで脚本も書いていて、それがウルトラマン屈指の名作であるバルタン星人回だったりして、本職のシナリオライターさんよりよい脚本を書いたりするもんだから、いったい何者かと思ってたんですが、元は脚本家志望だったんだそうです。大学生のころに脚本でグランプリを撮った事もあって、学生作家mでしていたんだそうな。それが、脚本家としてTBSに入ったはずが、入ったとたんに脚本の部署がなくなってしまい、ドラマ班のディレクターに組み込まれたのだとか。人生ってままなりませんね。。
 まあこんな具合で、雑談を織り交ぜながら自伝が書かれていました。僕としては「セブン暗殺計画」を生み出したウルトラセブンのエピソードをたくさん読みたかったんですが、メインは学生時代からTBS入社、そしてウルトラマンあたりまででした。「テレビの青春、駆け出し日記」というサブタイトル通り、テレビ版になって駆け出しのころを書いたという事なんでしょうね。逆に言うと、セブンの頃はもう駆け出しではなくなって一人前の仕事をしていたと思っていらっしゃるのかも。

 なにせ僕は戦後昭和生まれ、子どものころはウルトラマンの事ばかり考えていた頃もありました。その舞台裏があれこれ覗き見できるだけでも最高に楽しかったです。でも、飯島さんって小説家志望だったんですね。それが、小説書くための生活費を稼ぐためにシナリオ書き始めて、それが会社命令で助監督になって、監督になって、気がついたら「俺は小説を書けずに人生を終わるのか」って感じで…人生って、どこかで意地を張って自分を通さないといけない所もあるのかも知れないなあ。。

https://amzn.to/49flWyy


スポンサーサイト



02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS