『荒井由実 / 14番目の月』

yuming_14banmenoTuki.jpg 松任谷由実さんが、まだ荒井由実の名前で活動していた時のアルバムだったと思います。とにかく、5曲目「中央フリーウェイ」に尽きます!歌詞はぜんぜん大したことないと思うのですが(中央高速道路をドライブしているというだけで、この詞がいいという人に出会った事がありません^^;)、曲とアレンジが素晴らしい!ボサノヴァっぽい感じと、日本のニューミュージックの特徴でもあった、シンセのふわっとした音が実にうまくブレンドされていると思います。聞いていて、グッとくるとか、感動するとか、そういう事ではなく、すごく心地よいのです。ず~っと聴いていたい感じ。もしひとことでいうとしたら、メジャーセブンスというコードの心地良さがずっと続いている感じ。

 同時に、そういった質感が、日本の70年代後半~80年代のの若者文化(70年代というより、80年代のあの緩いムードにいよいよ入っていく感じ)の象徴みたいな感じがします。車を買って彼女とデートして、テニスサークルがあって、スキーをして…みたいなかんじです。これが、少し前の若者文化だと、「仁義なき戦い」というやくざ映画が流行って、松田優作みたいなハードな役者が出てきて、安保闘争があって、アングラ文化があって…みたいなかんじ。更に前だと、文化の担い手は若者ではなくてもう少し上の年齢が担ってる感じ。逆にその後になると、若者が貧乏になって、車なんかいらない、スキーなんてしない、音楽なんて聞かない…みたいになっていく感じがします。そういう前後の世代と比較して、良くも悪くも80年代日本の若者文化が音としてあらわれてる、って感じがします。

 こういう独特の軽さや心地よさって、ニューミュージックと言われた日本のポピュラー音楽の特徴だった気がします。他にも、EPOさんとか、山下達郎さんとかに、同じような匂いを感じてしまいます。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド