FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『小柳ゆき / Koyanagi the Covers PRODUCT 1』

Koyanagi Yuki_the Covers PRODUCT 1 もうすぐ平成もオシマイ。でも平成の音楽を思い出そうとしても、これというものが全然思いつきません。ZARDとかWANZとかのビーイング系?小室ファミリーみたいなavex系?モーニング娘とかAKB48みたいな女性アイドルグループやSMAPみたいなジャニタレ?どれも世代が違って卒業した世界だったので、耳にする機会がほとんどありませんでした。別の言い方をすると、平成には、10代を過ぎた後に聴くことのできる流行歌がなかったという事かも。昔なら演歌なり何なり、大人が聴ける歌謡曲があったんですけどね。。そんな中、少しだけ聴いたとすれば、宇多田ヒカルさんあたりのR&B系の女性ヴォーカルかも。小柳ゆきさんはそうしたR&B系女性ヴォーカリストのひとりで、ちょっと遅れてきた人だったかな?MISIAさん、UAさん、宇多田さんと女性R&B歌手がブレイクしてるという事で、芸能系プロダクションのバーニングが急きょ持ってきた歌手、みたいな。そんなわけで、歌手としての実力は充分と思ったけど、曲や売り方にどこか芸能チックなものを感じた人でした。売れなくなってくると脱がされたり、ミュージシャンじゃなくて芸能界チックなんですよね。金の事しか考えてなさそうな音事協系の大人たちにいいように使われる商品っぽいというか、ザ・芸能界に身を置いて翻弄される日本の女性タレントの運命を見るようでした。かわいそうに…。

 このアルバムは洋楽カバー集です。でも、最後にこの人の歌った「あなたのキスを数えましょう」が入っていて、この曲が好きで買いました。洋楽カバー部分は、何から何まで洋楽の猿真似なのでダサかった(^^;)。何でもかんでも英米の真似するだけで自分の主張はないのかよ、みたいな。でもそれ自体が平成の日本の傾向にも思えます。政治も完全にアメリカさんの言いなりだしね。政治どころか、精神的な所まで「西洋カッコいい」みたいになってしまったのが平成の歌音楽だったのかも。平成の日本の音楽「産業」界って、ディレクターもアレンジャーもプレイヤーも、こういうアメリカの文化戦略にまんまと染められたような人たちの集まりだったな、と今にして思います。

 でも、大好きだった「あなたのキスを数えましょう」はメッチャクチャ良かったんです!オーケストラ・アレンジな部分は「こうすればカッコいいでしょ」みたいなディレクターの浅はかさが痛かったですが、詞と歌唱力の素晴らしさですべて帳消し。タイトルは、彼と別れる事になってしまった女が「(今まで)あなた(とした)キス(の数)を数えましょう」という意味です。
「出会わなければよかったの?」
「こんな日が来るなら抱きあえばよかったよ、もっと」
「嫌いになって、楽になって、夜を静かに眠りたい」

 失恋体験がある人なら、こんな言葉を言われたら胸に刺さらないわけがないですよねえ。。

 そして、この曲での小柳さんの歌唱力が素晴らしい!いや~、この時代のJポップの女性R&Bシンガーは、宇多田ヒカルさんとMISIAさんのデビューアルバムを聴いた事がありますが、ピッチは安定してるし声量はあるし声は太いし表現力はあるし、小柳さんがいちばん凄いんじゃなかろうか。発音の怪しい英語詞なんて歌わないで、日本語詞で勝負すればいいのに。結局、平成のJポップは音楽そのものが洋楽丸パクリだからか、若い子がみんな英米に憧れまくってしまうのも自然といえば自然なのかも知れませんね。

 平成のポップスの光明は、力ある女性ヴォーカリストが目立った点にあったんじゃないかと。たとえ海外のものまねであったにせよ、宇多田さんや小柳さんがいなくて、もしモーニング娘にavexにAKB48が平成の日本ポップス界だったらと思うと、いくらなんでも子供だましな安すぎる文化だっただろうな、と(^^;)。いや、AKBとかの本人たちが悪いというんじゃなくて、彼女たちのようなものをしか拾えない聴く側の幼稚さや、そういう下世話な売り方しか考えない売る側の産業音楽業界の文化レベルの低さがね。な~んて言いつつ、僕は「あなたのキスを数えましょう」以外の小柳さんをぜんぜん知らなかったりして(゚∀゚*)エヘ。まあ、世代が違うから仕方ないですよね。。とにかく、「あなたのキスを数えましょう」の詞と歌唱は大好きでした。すばらしい!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
このアルバム、自分も当時買いましたよ。 
歌うまいんだけど怖いイメージがありますが・・・
個人的には宇多田ヒカルさんやMISIAさんの
『R&Bにこれだけ寄せましたよ』感が駄目でしたんで、
余計に『歌唱力勝負』って感じは好きでした。
Re: このアルバム、自分も当時買いましたよ。 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます!お元気でしたか?

ああ~たしかにありましたね、怖い感じ。見た目からしてヤンキーっぽいですしね。付きあったら絶対めんどくさいタイプですよね(^^)。
実力勝負って感じなのに、事務所がザ・芸能界な所だったので売り方が実力派にならなかったのがアンバランスだったのかも知れません…とか、このアルバムしか聴いてないのに知ったような口を叩いてしまいましたm(_ _)m。でも、歌はマジでうまかったなあ。

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS