FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『UA / AMETORA』

UA AMETORA この人も平成の歌姫になるのかな?UA(ウーア)さんです。これはMISIAさんのデビュー作と同じ1998年(平成10年)発表のセカンドアルバム。倖田來未さんや小柳ゆきさんやMISIAさんがどこか担がれた神輿っぽく感じたのに、この人はどこかアーティスティックでした。作曲やアレンジが素晴らしいんですが、そこは本人じゃないんです。それなのにアーティストを感じるって、何だったのでしょうね。歌詞とヴォーカルが本人で、それがとても個性的だったからかも。ジャケットの顔なんて怖いし(^^;)。

 クラブにジャズやにワールド・ミュージック、それに日本のポップスをシェイクしたようなアレンジのセンスがメッチャ良かったです!若いはずなのに、世界観がシックで大人。これはカッコよかったなあ。こんなところも、歌がうまい歌姫というイメージより、トータルでいいものを仕上げてくるアーティスト的に感じた原因だったかも。90年代後半のJポップの女性ヴォーカルものの売れたアルバムでは、このアルバムがいちばん完成度が高いかも知れません。

 90年代後半は、洋楽も邦楽もポップスのアレンジセンスがめっちゃくちゃ素晴らしかったと思います。80年代だって70年代だって良いものはいっぱいあったけど、その上を粗製乱造のアイドル歌謡がおおい尽くしてたもんで、良いものが見えづらかったと思うんですよね。アイドル歌謡の作曲や演奏が、ザックリとメロコード譜を書いて、ヘッドアレンジでスタジオ入って、スタジオミュージシャンに半分アドリブで演奏してもらって、そうするとプロの演奏ではあるけど常套句しか出てこなくて、音なんてみんな同じで…みたいな感じだったのが、MISIAさんやUAさんとなると、作家が丁寧に仕上げてくる、みたいな。これはサンプラーの進化で、作曲家が家でオケ・トラックまで作る事が出来るようになったのが大きかったのかも。

 ところがJポップのこの幸せな時代は数年で終焉。またしても粗製乱造なa○○xやら○室哲〇の波が来てしまって、さらにジャ○○ズやらA○○4〇みたいな広告宣伝会社を押えた人だけがチャートを覆い尽くす事で完全に子供だましの世界になってしまい、普通に生きているとJポップでまともな音楽が耳に届かなくなってしまったのでした(T-T)。そりゃ、子ども以外は日本の流行歌を聴かなくなるのが当たり前だわな。。ああ、MISIAさんやUAさん、それにICEさんあたりが来た時に、日本の軽音楽はもっといい方向に行く可能性が開けていたように見えたんだけどなあ。そうならなかったのは、日本は音楽産業よりも芸能産業界が強い事と、聴く人たちもその多くがそこまでレベルの高い音楽なんて求めてない事の両方がなかなか強力なんでしょうね。求める人はJポップに求めるんじゃなくって、最初からもっと深い事をやってる他の音楽を聴き始めてしまう、みたいな。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS