fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『デュファイ:ス・ラ・ファセ・パル マンロウ指揮、ロンドン古楽コンソート』

Munrow_Su la Fase Pal ルネサンス音楽初期といえばブルゴーニュ楽派の作曲家陣。そして、ルネサンス音楽&ブルゴーニュ楽派の口火を切ったのがイギリスのダンスタブルなら、代表選手はこのデュファイ!デュファイはキリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、アニュスデイの5楽章構成によるミサ曲のスタイルを最初に作った人と言われていて、9曲ほどのミサ曲を書いたそうです。その中でデュファイが50才のころ書いたといわれている「Se la face ay pale」は、6の和音も普通に鳴ってるし、そういう意味ではロックよりもぜんぜんモダンなサウンドで、現代でも思いっきり通用しそうな音楽です(^^)。

 このミサ曲は「循環ミサ曲」なんて言われていて、定旋律を5つの章のすべてに使って、楽曲全体に統一感を出そうという形式をしたミサ曲です。定旋律というのは、新たに作曲した旋律を使うのではなく、すでにある既存の音楽の旋律を使う事。このミサ曲で使われている定旋律は、デュファイ自身が書いたシャンソン(ルネサンス当時の世俗音楽のひとつ)「Se la face ay pale」からのもの。このCDは、もとになったシャンソンも入ってます。う~んなんと親切なんだ(^^)。そして、このシャンソンの方はすっごく楽しそうな家庭的な音楽に聴こえるのに、おなじメロディを使ったミサ曲はというと…うわあ、いきなり透き通るように美しい!う~んこれはハーモニーに4度5度8度だけでなく3度とかも入りこんでるからだな…。そんなわけで、ステンドグラスから木洩れ日がこぼれるようであったかい(^^)。これは死者を送り出す曲には聴こえない、まるで愛に満ちあふれたこの世の幸福を描いてるようです…って、なに言ってんだ俺(^^;)。要するに、中世のポリフォニーと決定的に違うのは和声。それまでは不協和音と言われていた3度も6度も、デュファイからは「不完全協和音程」に格上げ、おかげでいきなり線の音楽のポリフォニーに色彩感がブワッと出た、みたいな(^^)。う~んなるほど、中世のアルス・ノーヴァとルネサンス音楽の境界にあるのは、ひとつはこの和声の発展なのかも。

 ブルゴーニュ楽派のギョーム・デュファイといえば、5曲で構成されるミサ曲の形式を整備した人として知られていますが、これは驚くほど見事な作曲でした。循環ミサなのに「また同じ旋律かよ」みたいに退屈に感じる事はまるでなく、むしろス・ラ・ファセ・パルのメロディが持っている幸福感あふれる感じが最初から最後まで続いて、じつに心地よいミサ曲でした。こんな多幸感あふれるミサ曲があるんですね。超おすすめ!あ、そうそう、古楽のスペシャリストであるマンロウとロンドン古楽コンソートの演奏は…今さら言うまでもないですね、変に装飾しすぎる事もなく、古楽独特の素朴さ清廉さを見事に伝える演奏でした!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS