FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『David Murray / Flowers for Albert』

David Murray Flowers for Albert』  70年代なかばのジャズ・シーンはフュージョン・ブーム真っ最中で、あんなに勢いのあったフリージャズは、ジョン・コルトレーンアルバート・アイラーも死んだ後は風前のともしび。そんな中、ニューヨークでは空き倉庫なんかを利用した練習場所やライブスペースから「ロフト・ジャズ」というのが広まったそうで、ここが70年代中盤以降のNYのフリージャズの根城になったんだそうで。たしか、シカゴも似たような状況でしたよね。こういう知識は、僕は清水俊彦さんや悠雅彦さんや副島輝人さんといった日本のジャズ評論家さんの本で読んで得たものなので、詳しい事はよく分かってません(^^)。いずれにしても、このロフト・ジャズのシーンから飛び出してきた若き天才アルト・サックス奏者というのが、僕がはじめてデヴィッド・マレイを知った時の触れこみでした。これは、そのデヴィッド・マレイの出世作と言われているライブ盤です。僕が持っているのは日本盤のボーナストラック3曲入りの2枚組。1976年録音で、メンバーはデイヴィッド・マレイ(tsax)、オル・ダラ(tp)、フレッド・ホプキンス(b)、フィリップ・ウイルソン(dr)。このリズムセクションが、僕が死ぬほどぶっ飛んだアンソニー・ブラクストンの超名作『Town Hall 1972』と同じだったので、鉄板でイケると思って買ったのでした(^^)。

 ピッチもリズムも悪い、すぐ音が裏返ってしまう、というわけで、デヴィッド・マレイの演奏が下手だ…。音楽は、イントロで2管のユニゾンのテーマを作って後はアドリブ、みたいな鬼のように単純なものでした。せめてカウンターラインを作るとか度数を変えるぐらいはして欲しかったです。これは、オーネット・コールマンのロンリー・ウーマン以降のフリージャズの悪しき伝統ですね(^^;)。2管でもミンガスあたりのコンボ・アレンジを勉強していれば、もっと全然リッチな音楽に出来るのに…。では、それを補って余りある勢いある演奏が聴けるかというと、演奏がいちいち考えて止まっちゃうので、強く音楽を引っ張る力がありませんでした。僕が大好きなフレッド・ホプキンスとホップ・ウイルソンはさすがに音楽を構成する力があって、ここが救いですが、それもブラクストンとの共演に比べると全然で、あえてお金出して聴くほどのものとも思えませんでした。

 フリージャズ第2世代以降の問題は、フリージャズしかやらない人が生まれたことで、色々と音楽的な基礎や深みがない事なんでしょうね。「自由な表現」というのは、やる方としては免罪符のような有り難い言葉だけど、それで大したものを作れるほど音楽は甘いもんじゃないという事じゃないかと。これではただのヘタクソで、音楽も演奏も不勉強なだけの人にしか感じませんでした。まあ、この時マレイさんは21歳だったというし、仕方ないかも。ところで、なんでこれが名盤という事になってるんだろう。マジでジャズ評論家のいう事ほど当てにならないものもない(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS