FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Arthur Blythe / The Grip』

Arthur Blythe The Grip アルト・サックスのアーサー・ブライスも70年代後半のNYロフト・ジャズのサックス奏者で、彼もまたデヴィッド・マレイハミエット・ブルイエットが参加したワールド・サクソフォン・カルテットに参加していたみたいです。ここしばらくワールド・サクソフォン・カルテット絡みのプレイヤーを紹介してますが、実はこのカルテットの演奏をよく聴いてませんで、大昔に1度聴いた時に「つまらねえな」と思った記憶がうっすらあるだけ(^^;)。まあでもそれって、このサックスQ以前に、サックス4本のアンサンブルというフォーマット自体に面白みを感じなかったという事なんでしょうね。そうそう、このアルバム、70年代後半のNYロフト・ジャズの名盤と言われているライブ盤です!メンバーは、Arthur Blythe (asax)、Ahmed Abdullah (tp)、Bob Stewart (tuba)、Abdul Wadud (cello)、Steve Reid (dr)、Muhamad Abdullah (per)。

 おお、どう聴いてもデヴィッド・マレイよりうまい!やっぱり、有名無名や人気と実力は別物ですね。。
 そして音楽が不穏な感じでいい!音楽は、初期のアンソニー・ブラクストン『3 Compositions of New Jazz』とかCCC とか、あるいはアーチー・シェップの『Fire Music』みたいな感じで、あやしい音がアンサンブルする所と集団即興の織り交じったような、あんな感じでした。いいですね~このヤバい感じ(^^)。また、作曲や編成にも工夫があって、常にセクステットの演奏となるわけでもなくて、曲によって出入りもあるし、曲中でも抜き差し自在。曲でいえば「Lower Nile」はコンディミっぽい音階がメインになっていて、なるほどタイトル通りエジプトの古典音楽っぽい雰囲気がありました。このへんは、アフリカ系アメリカ人のアフリカ志向と関係があるのかな?エンターテイメントなシャレオツなジャズじゃなくて、ただ即興してるだけというのでもなくて、主張する黒人音楽という感じがよかった、実に面白いレコードでした。アート・アンサンブル・オブ・シカゴやアンソニー・ブラクストンほどキレッキレのうまさはないけど、逆に泥臭い感じが雰囲気を出したとも言えそうです(^^)。聴きようによっては民族音楽的にも感じますしね。

 このレコード、1977年2月26日のライブを収録してるんですが、このレコードにおさまりきらなかった同じ日のパフォーマンスが『Metamorphosis』というアルバムにまとめられています。そして、日本でこの2枚をまとめて当日の演奏順に並べ替えた『ザ・グリップ&メタモーフォシス』というCDがリリースされていた事があります。アナログ盤にこだわらないなら、そのCDを手に入れるのがいちばんかも(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS