FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モロッコのグナワ Maroc: Hadra des Gnaoua d’Essaouira』

Morocco no Gunawa モロッコのCDでは、グナワのCDも聴いた事があります。このCDを聴いモロッコという国の文化の折り重なりを見た気がしました。預言者であり神がかりであり占い師である集団グナワの儀礼音楽です。

 グナワはモロッコやアルジェリアに住んでいる旅回りの音楽/儀礼集団。肌の色から察するに、アフリカ黒人、ベルベル人、それに白人(多分スペイン系)も混じっている感じ。グナワ共同体はもともとサァディー朝(モロッコのかつての王朝)に連れてこられた奴隷たちの居住地が発祥らしいです。宗教はこの地に元々あった多神教に色んな宗教が融合して成立した独特なもので、かなり呪術色が強いみたい。主な役割は旅回り先で祝福をしたり、治療をしたり占いをしたりして報酬を受け取っていて、例えば治療というのが音楽を奏でて香をたいて踊って…みたいな治療なので、呪術的というわけです。その呪術色の強さはこのCDを聴くだけでも一目瞭然、まさに呪術音楽なのでした(^^)。
 グナワの集団によって違うのかも知れませんが、このCDに入っていた集団の音楽(といっても儀礼の一部に音楽が使われていて、この音楽に合わせて踊ったり呪術的な治療や儀式をやってる)は、小さな合わせシンバルが数人、コントラバスみたいな音の楽器、あとは集団での合唱(というか、呪文の朗誦のよう)、というのが基本編成。音楽的にはコントラバスみたいな音の楽器がなかなか重要な役割をしてまして、例えればアフリカのチャールズ・ミンガス的(^^)。そうそう、序盤になかなかうまいギター(みたいな音の楽器)の演奏もありました。録音が悪くて、合わせシンバルの音がすごい近くにいるんですが、合唱が10メートル先みたいに聴こえたり(^^;)。でもこれ、儀礼の録音なので、ベストポジションにマイクを置くとか出来なかったんでしょうね、「特別に見せてやるが、端っこにいろよ」みたいな(^^)。
 そして、同じ音楽をくりかえす音楽は、もの凄いトランス系でした。なんちゃってではないマジの呪術音楽ですからね、そりゃすごいわけです(^^)。前にチベット仏教の強烈なマントラを唱える音楽のCDの感想を書いた事がありましたが、もうあれぐらいにヤバい感じ。

 モロッコのCDをけっこうたくさん聴いてきましたが(といっても5枚ぐらい?)、大きく感じるのは、第1にアル・アンダルース音楽、第2にマカームといった古典音楽、さらにもう少し俗な、街でやっているようなへび使いとかが奏でていそうな音楽。いずれもアラビア文化を感じるものだったんですが、でもこのCDはそこにリアル・ブラックなアフリカ音楽が入り込んで、他の音楽には形容できないような独特なものが生まれている感じでした。モロッコよりちょっと南下するとアフリカの吟遊詩人グリオたちの活動圏ですし、さらに南下して奴隷海岸まで抜けたらタムタムの神技やら黒い人たちのコール&レスポンスな集団合唱が聴けたりしますもんね(^^)。呪術の時代ってとんでもない昔かと思いきや、ヨーロッパだってアドニス神話やいけにえの儀礼がつい最近まで残っていたりしたし、アフリカや中南米やオセアニアではまだリアルタイムで生きていたりするし、自分の文化だけを基準にものを考えちゃいけないですね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS