FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eddie Taylor / I Feel So Bad』

Eddie Taylor I Feel So Bad 50年代のシカゴ・ブルース界で一世を風靡したジミー・リードの懐刀、エディ・テイラーです!!これは1972年にエディ・テイラーがハリウッドに行ってフィリップ・ウォーカーのバンドと一緒に録音したアルバムです!僕は日本のPヴァインがリリースしたCDを持ってるんですが、それにはボーナス3曲入ってました。

 おお、ジミー・リードの後に聴くと歌もギターもうまい!ギターなんて弾きまくりと言っていいほど弾いてます。ただ、アンプリファイドしているギターの音がブーストしてるわけでもなんでもないので、音は安っぽいしペチペチいってるしで下手に聴こえる(^^;)。若いころ、これってギターが下手なんじゃなくて、こういう音だと下手に聴こえる事に気づくまでに時間がかかりました。ベンチャーズもBBキングも、演奏はうまいのにエレキギターの音色で下手に聴こえませんか?あれと同じで、楽器の音って大事だなあ、と(^^;)。

 そんな中、アコースティック・ギター弾き語りの5曲目「Stroll Out West」、と10曲目「Bullcow Blues」が、音は綺麗だし演奏もバスと和声と戦慄の同時弾きでメチャクチャ素晴らしい!!こういうのって、ブルースだとモノトニック・ベースっていうんでしたっけ?戦前ブルースマンが得意にしていたあれです。とかいって、自分で挑戦してみたら、カポさえつければ意外と演奏出来た(^^)。こういうのは演奏システムを作りあげたところに素晴らしさがあるんでしょうね。アコースティックブルース万歳。

 バンドブルースでは、6曲目「Sittin' Here Thinkin'」とボーナストラック13曲目「Mean Red Spider」が好き。「Sittin' Here Thinkin'」は、George Smith という人のブルースハープがカッコいい!やっぱり僕は、バンドブルースではブルースハープをめっちゃ重要視してるみたい。この楽器とヴォーカルは、バンドブルースで表現力がずば抜けた楽器だと思います。「Mean Red Spider」はスローブルースで、エディ・テイラーのやさぐれた歌い方がカッコいい!
 
 3曲入ってるアコースティックギター弾き語りが見事。この3曲に関しては、ジミヘンがアコギで見事に弾いた『Here My Train Comin'』や、クラプトンがアコギでモノトニック・ベースを見事に弾いたブルース・アルバムなんかと同じ。彼らが憧れた名人ブルースギタリストのひとりだと思います。渋いですけどね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS