FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Beatles / Magical Mystery Tour』

The Beatles Magical Mystery Tour ビートルズの曲の中でも、個人的に好きな曲のかなり上位に入るのが「マジカル・ミステリー・ツアー」です!爆発的に売れたビートルズはビート・バンド時代だろうけど、ポップスの歴史にしっかりと名を残したのって、スタジオで作りあげたこういう曲があったからだと思うんですよね(^^)。というわけで、すごく好きなビートルズのアルバムです!

 「マジカル・ミステリー・ツアー」はビートルズが作った映画で、これはそのサウンドトラック・アルバム。「ラバー・ソウル」や「リボルバー」までのビートルズとは明らかに違います。もうバンドサウンドじゃないんですね。ピアノが入ったりブラスが入ったり。そしてそれが、バンドを先に録音して後からストリングスやブラスをオーバーダビングするという、生演奏も出来るけど制作の都合上そうしたというんじゃなくって、コラージュみたいなオーバーダビングやエフェクトの仕方。アナログディレイのフィードバックみたいなエフェクトが入ったり、スタジオでしか作れないようなレコード大前提のアルバムです。センスも、思いっきりサイケデリック。そのサイケぶりといったら、LPについているカラーブックレットを見るだけでも良く分かる不気味さ(^^)。

 いや~、あのアメリカのチャートミュージックのコピーバンドだったビートルズですら、サイケの波にのまれたのか、すごい時代だったんですね。でも、いま聴くと、「サージェント・ペパーズ」やこのアルバムがなかったら、ビートルズって2~3分のラジオ放送用の使い捨て音楽を次々に作る商業バンドで終わってた気がします。スタジオをフル活用してのポップスの作り方は、以降のポップスの大本流となるので、英米系のポップスに思いっきり影響を与えたビートルズのすごさって、このへんから始まったのかも。ここからサイケデリックっぽさを抜いたら、以降の英米ポップスそのものですもんね。というわけで、これはポップスの歴史にとって超重要な一枚だったんじゃないかと。いま聴いてもかなり楽しかった…やっぱりちょっと気持ち悪かったけど(^^;)。すごくいいアルバムだと思います!そうそう、ジャケットのアートワークが素晴らしいので、『マジカル・ミステリー・ツアー』とホワイト・アルバムは、LPで買った方がいいですよ(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS