FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『The Beatles』

The Beatles_WhiteAlbum 通称「ホワイト・アルバム」、ビートルズが1968年に発表したアルバムです。アルバムとしては『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の翌年で、『マジカル・ミステリー・ツアーズ』とだいたい同じころかな?2枚組です。

 『マジカル・ミステリー・ツアーズ』のところで、「このへんからビートルズはバンドサウンドではなくて、スタジオでしか作れないようなダビングやエフェクト前提のアルバムを作るようになった」なんて書きました。でもホワイトアルバムは、サージェントとマジカルミステリーみたいな超スタジオ作品というだけでなくて、半分は『リボルバー』ぐらいの頃のビートルズのバンドサウンドが聴ける感じ。1曲目のロックな「Back in th U.S.S.R」なんて、リボルバーに入っていてもまったく違和感ないんじゃないかなあ。リボルバーが大好きな僕としては、最高です。

 でもそれだけじゃなくって、A面後半の「Wild Honey Pie」あたりからコラージュやサイケサウンドが出てきて、曲もカットアップでつないだりして、だんだんサージェントやマジカルミステリーみたいな怪しくスタジオ作品っぽい感じに。ライブをやめてレコード制作に徹したもんだから、「ヒットチャート用の2~3分の曲の寄せ集めじゃなくて、アルバムという作品を作るぞ!」って気合いがあったんでしょうね。そうそう、このアルバムから、ビートルズが作ったアップル・レコードの作品なので、よけいに気合いが入ってたのかも。あと、よく物議を呼ぶコラージュ曲「Revolution no.9」ですが、僕は意外と好き(^^)。まあ、現音やシュールレアリスムやフルクサス系と比べてしまうと、さすがにアレですけどね。。そうそう、そういう系の話でいうと、カルト宗教の教祖で大量殺人をしてしまったチャールズ・マンソンが啓示を受けてしまったという「へルター・スケルター」が入ってるのもこのアルバム。そしてビートルズに憧れたチャールズ・マンソンが、ビートルズより数段レベルの高いミュージシャン(と僕は思ってます)な所がまた面白い。

 悪い点を挙げるとすれば、アレンジを完成させられないまま発表しちゃった、みたいな曲が多い事でしょうか。弦とかのオーバーダビングで何とか体裁を整えようとしてるものが多いので、楽式とかアンサンブルをポストプロで何とかしようとしたのがバレバレ。しかもこの悪しき風習はのちのポップスに思いっきり影響を与えます。そんなわけで、短い曲がメドレーのように次々に続く中盤は、そうしたくてそうしたんではなく、1曲1曲の完成度を高めることが出来なくてそうなってしまったように聴こえてしまいました(^^;)。

 というわけで、60年代前半のバンドサウンド期と、後半のスタジオ音楽制作期の両方のビートルが混ざったようなアルバムです。なんだかんだ書きましたが、もしかすると後期のビートルズではこのアルバムが一番好きかも

関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
Bach Bachさん、こんばんは。
僕もこれは好き!
変にまとめずに、とっちらかったものをとっちらかったままドーンと掘り出している感じ、ビートルズ4人の興味と引き出しの広さをそのまんま見せた感じのなんでもあり加減がいいですねー。
アラカルト作品でしたね 
golden blue さん、書き込みありがとうございます!

このアルバム、バラエティに富んでいていいですよね。ポップロックな「バック・イン・ザ・USSR」、美しいギターのアルペジオ「ブラックバード」、ビートルズらしいポップス「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、ハードロック調の「ヘルタースケルター」、そしてこの時期のビートルズのスタジオ実験音楽などなど、多彩で実に楽しかったです(^^)。

あと、今回聴いていて最高に気持ちよかったのが、ディア・プルーデンスに入っていく所。これは編集の勝利じゃないかと(^^)。

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS