FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『西村朗:永遠なる混沌の光の中へ ノータス(cello)、エッシャー指揮、リンツ・ブルックナー管弦楽団』

NishimuraAkira_EiennaruKontonNoHikariNoNakade.jpg ポスト・モダンの日本人作曲家の中で好きな人のひとりです。響きはモダン、構造は伝統という人。いま日本で芸術音楽の作曲をしようと思ったら、自然にこうなる気がするんですよね(^^)。このCDは、以下の2曲の管弦楽曲が入っていました。

・チェロ協奏曲(1990)
・永遠なる混沌の光の中へ(1990)

 このCDに入ってる2曲と、「太陽の臍」「光の環」の4曲で、西村さんのオーケストラ4部作というのだそうです。誰がそう言っているかというと、本人だそうで(゚∀゚*)。

 「チェロ協奏曲」は、現代音楽通過後に新しい響きを獲得したロマン派協奏曲のようでした。だから、新しい響きなのに、コダーイとかバルトークの時代の音楽を聴いているような気分。そんなわけで、ロマン派の響きではもう退屈で耐えきれない、でもセリー音楽とか前衛方面だとテクスチュアが難しすぎて面白く感じない、という人には絶好の音楽かも。構造としてはチェロとオケが対立したり協調したりする構造ではなくて、調性音楽なメインのチェロに、それ以外の音が色んな響きでつきまとう感じ。だから響きはあくまで印象のブースト効果で、メインのチェロの動きにどれだけドラマを感じられるか、という音楽なんだろうなあと感じました。

 「永遠なる混沌の光の中へ」は、響きだけに特化したような作品で、最初の和音からしてめっちゃくちゃ刺激的!それでいて通奏低音が入ってるので調を感じます。音楽の核になってるものはシンプルなんだけど(静かに始まって、徐々にストリンジェンドしてクライマックスに達し、直後に静かな所に戻る、みたいな^^)、それに重なる弦の響きがなんとも独特。1カ所だけ和声がプログレションするところがありましたが、あとはほぼ変化なし、ほとんど音響作曲でした。こういう微細音程の積み重なりみたいな音をどうやってスコア化してるのか、ちょっと見てみたいなあ。

 西村朗先生は、和声面のあの響きが特徴の作曲家と感じます。「永遠なる混沌の光の中へ」のサウンドを聴いただけで、「ああ、西村先生だ」ってかんじ(^^)。実際、西村さんはヘテロフォニーの作曲家なんて言われていますヘテロフォニーというのは、サウンドはホモフォニーっぽいんですが、モノフォニーで各奏者が微妙に違う音程を奏でる事で独特の和声感を作り出すもの。お経とかって、同じメロディだけど各自高さがバラバラだったりするじゃないですか、あれです。アジアの音楽のそういう特徴から、和声音楽に取り組んだのかも。そういう視点自体が、なるほどポストモダン的と言えるかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS