FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『西村朗:光の波 アルディッティQ、高橋アキ(p)、NHK電子音楽スタジオ』

NishumuraAkira_HikarinoNami.jpg 西村朗先生の管弦楽曲を聴いて、「刺激的な響きを鳴らしてるだけのロックな作品なんじゃないか」と疑問に思った僕は、室内楽曲を聴いてみようと思いました。これなら、音の印象だけでごまかすなんて出来そうにないですし(^^)。というわけで、これは西村朗さんの室内楽曲集。収録曲は以下の通りでした。

・弦楽四重奏曲第2番「光の波」(1992)
・三つの幻影 (1994)
・星の鏡 (1992)
・エクスタシスへの雅歌 (1984)

 「光の波」、このCDで僕がいいと思ったのはこの曲だけでした。カザルスホールとアルディッティQからの委嘱作だそうで、つまりこれがオリジナルの演奏という事ですね。この曲は録音の勝利でもある気がします。というのは、この曲、4者がそれぞれパルス状の短いフレーズを演奏して、それが全体でひとつのメロディになったり、ガムランやケチャみたいに全体でテクスチュアを作り出してる、みたいな書法がけっこう目だつんですが、このCDは定位がものすごくしっかりしていて、音が右から左にびゅんびゅん飛ぶんです!これ、コンサートよりCDで聴いた方が狙いが分かりやすいんじゃないかと。そして、この手法は特に第2楽章がすごいです。

 「3つの幻影」は、高橋アキさんに献呈されたピアノ独奏曲。というわけで、これもこの演奏がオリジナル。3楽章で、それぞれ「水」「炎」「祈祷」という標題がついていました。でも、西村さんの自筆解説を読むに、標題と音楽は関係がない印象で意味はなさそうでした(^^;)。曲は恐らく完全な自由作曲。響きにしても何にしても、西村さんはショッキングな音が好きなようで、2楽章は「ガシャーン」「ドカーン」「グワ~ン」って感じ。1と3は…まあ普通に感じました。

 「星の鏡」も、高橋アキさんに献呈されたピアノ独奏曲。ちゃんと分析してませんが、一聴したところロ短調のバラードに聴こえます。いい曲ですが、これはほとんどポップス。作曲の動機が「綺麗な曲を書く」ぐらいの所にしかない気がしました。

 「エクスタシスへの雅歌」は、81年作曲という所に意味があるのだと思うのですが、いま聴くと、アマチュアがMAXか何かでチョロチョロっと作る電子音楽とあんまり変わらない気が(゚ω゚*)。テクノロジー系の音楽って、こういう所が恐いです。電子音を使っていても、それを元に生演奏では難しい作曲をするとか、音色合成でもそれが作曲と関連付けられていればいいんですが、単に電子音が使われているだけだと、マジでアマチュアがシンセやソフトでやってる音遊びと変わらないと感じてしまいます。

 あれ?おかしいな、若い頃は好きだった西村先生の音楽が、刺激的な音を出すだけのハッタリ満載のロックに聴こえて面白くないぞ。。同じように刺激的な音でも、ノーノ武満徹さんは音の奥に何かあると感じるのに、西村さんは音の遊び以上のものではない気がしてきました。芸術音楽って、その音楽を通して何をしたいのかが重要で、好きな響きを作るというだけだったら本当にただの好事家になってしまうのかも。ポストモダンの難しさって、音楽を作るための色んな素材がいっぱいある中で、「何をするか」という部分なのかも。それが「面白い音」「感性に任せていい曲を」という程度だったら、それをあえて「芸術」なんて呼ぶ必要はないというか、ポップスと何が違うんだと思ってしまいます。西村さんって、けっきょくモダンの響きを使える職業作曲家以上のものではないんじゃなかろうか、もう卒業でいいや(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS