fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Art Blakey and the Jazz Messengers / Moanin'』

Art Blakey Jazz Messengers_Moanin このレコードを最初に聴いたのは高校生の時。アホだったもんで、「朝」だと思ってたんです。でもそれにしちゃジャケットが爽やかな顔してないな、むしろ怒ってるぞ…「うめき」でした(゚∀゚*)エヘヘ。というわけで、ハードバップの代表的名盤のひとつとして知られている1枚、1958年発表です!お、このアルバムではアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズになってますね。僕が聴いたジャズ・メッセンジャーズのアルバムは、これが最初でした。バンドは2管で、リー・モーガン(tp)、ベニー・ゴルソン(tsax)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)。

 このアルバムの第1印象、あんまり良いものじゃなかったんです。まず、超有名曲「moanin'」のテーマがひたすらダサいと思った(^^;)。次に、ジャズドラマーのリーダーバンドなのに、「moanin'」のドラムは「ズン・ダッ・ズン・ダッ…」誰でも叩けそうなほど単純。しかも、ドラムソロすらなし。叩いてないもんだから、「アート・ブレイキーって、本当にドラムうまいのか?」とすら思ってしまったのでした。あと、僕、クラシックの世界で生きていけないと思ってジャズバンドに参加して生計を立てていた頃があるんですが、その時にモーニンのテーマをひかされるのがめっちゃ嫌でした。いなたいし、ものすごくダサい気がしてね(^^;)。でも、CDに入っていた別テイクのほうの「moanin'」のベニー・ゴルソンのソロは良かった…つまり、レーベル側が「各自のアドリブなんてそんな聴かせなくていい、分かりやすくテーマを聴かせればいい」って思ってたって事でしょうか。そんなわけで、僕が人に薦めるならオリジナルのLPじゃなくてCDの方かも。

 このレコードより先に、コルトレーンの『至上の愛』もマイルスの『プラグド・ニッケル』も体験していたのがまずかったんでしょうね、それじゃこれをぬるく感じても仕方ない(^^;)。また、僕が苛烈なソロや破壊寸前の爆発力みたいなものをジャズに求めていたのも悪かった、これはドラマーの超絶アルバムでもフリージャズでもなく、ハードバップなジャズ・コンボのスタジオ録音作、僕が求めているものとは条件が最初から違うのでした。それにしても、ライブ録音だったカフェ・ボヘミアやバードランドよりあまりに大人しすぎるし、曲もソロオーダーも無難すぎ、演奏も合わせる事に神経質すぎて躍動してない…ここが、ハードバップとスタジオ録音の相性の悪さでもあり、50年代ブルーノートの商売至上な保守主義でもあるのかも。アート・ブレイキーもバド・パウエルマイルス・デイビスも、ブルーノートのおかげで全国区になったようなもんですが、名作はことごとくブルーノートじゃないんですよね(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS