FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『イラクの古典音楽 (世界民族音楽大集成32)』

Iraq no KotenOngaku32 キングレコードが出した世界民族音楽大集成のうちの1枚です。このCD、録音データが何も書いてないんですが、曲が終わるごとに拍手が起きるし、その拍手の仕方が日本っぽいし、解説を書いてるのが小泉文夫さんなので、日本のどこかのホールでのコンサート録音な気がします。

 このCDに入っていたのは、タクシームと、パスタ(またはぺステ)チャルギー・アル・バグダードなどでした。タクシームは、このCDにはカーヌーン(箏のような楽器)独奏のタクシームと、ウード独奏のタクシームが入ってましたが、いずれもお見事でした!とくにカーヌーン独奏のタクシームはものすごいテクニカルですごかった。

 パスタは、このCDにはパスタ4曲と、マカームからパスタに繋がる曲が入ってました。インド古典音楽みたいに最初に旋法が決まっていって、そこからインテンポのリズムが入っていよいよ始まるというものもあれば、いきなりリズムが提示されるもののあるので、一口にパスタと言ってもスタイルは色々なのかも。詞は、「君を思い眠れないので星を数えた」みたいな感じ。宗教曲でないのは歴然としてますが、芸術音楽に数えられてますけど内容自体は俗楽っぽかったです。それにしても、伴奏の打楽器(ハッシャビーヤという細長い片面鼓)やカーヌーンやウードの演奏が見事で、曲想も実に情感たっぷりで、聴き入ってしまいました。歌って、表現力のあるプレイヤーがアコースティック楽器で、2~3人で演奏するのが、いちばん表現力があると感じます。これこそ歌だ、すばらしい!!そうそう、このCDのヴォーカルは男性だったんですが、発声がインドのヴォーカルに似て感じました。国はそれほど遠くないし、文化的には近いものもあるのかも。

 チャルギー・アル・バグダードというのは、声楽家を中心に数人の伴奏者がグループで歌うバグダッド独特の民謡だそうです。という事は、「チャルギー」って民謡という意味なのかな?このCDだと、ハッシャビーヤ、ナイ、ウード、カーヌーンでの伴奏がついてましたが、疾走する感じで、カッコいい!民謡という感じじゃなかったです。しかし、この編成で音が綺麗にアンサンブルするんだから、プレイヤーのアンサンブル能力の高さには舌を巻きました。

 アラビアの音楽は、民族音楽と定義されてるものの、楽理がムッチャ高度だし、プレイヤーの演奏技術はどれを聴いても恐ろしく高いし、今の西洋や日本のロックやポップスじゃ足元にも及ばないほど高度です。この地域のプレイヤーはイラン最強と僕は思ってますが、いやいやイラクもなかなかでした。昔は雰囲気だけで聴いていて「いや~すごいなあ」なんて言ってるだけだったアラビアの音楽でしたが、理論書を読んでマカームのシステムがちょっと分かったもんで、聴こえ方がかなり違って分かるようになってきました。さすがはヨーロッパやアジアの音楽の震源地、歴史の重みが違う!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS