FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『イラクの音楽 (世界民族音楽大集成31)』

Iraq no Ongaku 31 キングレコードが出した「世界民族音楽大集成」は、32巻が「イラクの古典音楽」で、31巻は「イラクの音楽」。というわけで、これも「砂漠のアラベスク アラビアの音楽」と同じように、イラクにある色んな音楽を集めてありました。色んな音楽とはいっても、ベドウィンの音楽は入っていなかったので、すべてがアラビア音楽で、めっちゃエキゾチック!!ほかのCDにもそういうのがありましたが、すっごくエコーが大量なトラックがあるんですが、これってイラクの建物が石の壁だたりするのかな?

 全12曲中、前半6曲はイラク国立伝統音楽合奏団のメンバーの演奏でした。1曲はマカームの一部、3曲は器楽独奏のタクシーム、1曲は打楽器合奏、そして残りがイラキ・マカーム。1曲目のヒジャーズ旋法を使ったマカームの合奏がメッチャかっこいい!!サントゥール(ツィター属の楽器)の金属の響きがカッコいい、擦弦楽器ジョーザがエキゾチック!いや~これはアラビアン・ナイトの世界だよ。

 アルバム後半は、日本の録音チームがイラク各地で録音した音楽の詰め合わせでした。子どもの遊び唄、ウードのタクシーム、カーヌーンの演奏、アザーン(礼拝の呼びかけ)などなど。これらもメッチャ面白かったんですが、まあこれは他のCDでも聴けなくはないかな?このCDではじめて知ったイラクの音楽は、ムハンマダーウィーとアブーディーヤでした。ムハンマダーウィーは、農民の悲哀をテーマにした民謡のジャンルなんだそうです。これ、もしエキゾティカかなんかだったら、ジャングルの奥に生息している先住民の音楽と言って通っちゃいそう、あやしさ満点でした(^^)。いや~これはロックなんかより全然ヤバいわ、農民恐るべし。でも、歌唱がタハリール満載でメッチャうまい。アブーディーヤは、イラクで最も人気がある民謡のジャンルだそうで、4行詩節で出来ているそうです。そういえば、有名なるバイヤートも4行詩だったし、ペルシャ周辺は4行詩の伝統があるのかも。これもすごくエキゾチックで、民謡なんてレベルのもんじゃないレベルの高い音楽と演奏でした!

 いや~、イランに負けず劣らず、イラクの音楽もレベルが高い!!マカームやタクシームは音楽の専門家が演奏しているだろうからレベルが高くても分かるんですが、よもや民謡にしてこのレベルとはすごい。ヨーロッパもアメリカ大陸も東南アジアも、民謡って音楽は簡素だし演奏は下手なのに、西アジアはアマチュアですら西洋のロックやポップスに入ったら達人レベルというほどのうまさです。科学レベルは西洋を尊敬してる僕ですが、文化のレベルは西アジアが圧倒的にすごいと思わされたここ数日間でした(^^)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS