FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Chico Freeman / The Outside Within』

ChicoFreeman _OutsideWithin 70年代末~80年代初頭、シンセの音があふれてジャズ界がフュージョンだらけになった頃に、アコースティックなジャズ方面でアーサー・ブライスデヴィッド・マレイと並んで注目されていたサクソフォニストがチコ・フリーマンだったそうです。これは1981年に録音された、代表作の呼び声高い1枚。90年代半ば頃だったでしょうか、東京のディスクユニオンというレコード店に平積みされていて、店員の方が思い入れたっぷりに書いたポップを読んで買ったもの。演奏旅行した時は、先輩のサクソフォニストに連れられて、中古レコードや古本屋を巡るのが楽しみだったんです(^^)。

 音楽は通常のドミナントなジャズがベースにあって、部分的にフリーになったり、ジャズになったり、モードになったり、みたいな感じでした。メンバーは、Chico Freeman (bass-cl, t-sax), John Hicks (p), Cecil McBee (b), Jack DeJohnette (dr)。たしかにフリーでもモードでもスタンダードでもなんでもできるメンバー、鉄壁です。そして主役のチコ・フリーマンもめっちゃうまい!デヴィッド・マレイがハッタリだらけでヘタ○ソだったのに対し(80年代初頭は、ですよ^^;)、チコ・フリーマンは明らかにプロフェッショナル。一聴して「あ、この人はスタンダードでもモードでもフリーでもなんでも演奏出来てしまう人だな」という感じ。80年代以降だと、ジャズの人がジャズのフォームの中でフリーをやると単にスケールをパラパラやるだけの遊びになったりしてつまらなくなる事が多く感じてたんですが(多分、フレーズや旋法の上でしかフリーを考えてなくて、リズムやデュナーミクや構造は何も配慮してないからそうなっちゃうんじゃないかと。決まったフォーマットの上でアドリブを取る練習しかしてないジャズの欠点ですね^^;)、チコ・フリーマンはよかった!ついでに、ピアノのジョン・ヒックスもメッチャよかった!アンプを通したセシル・マクビーのベースもカッコよかった!ジャック・デジョネットは変にエイトビートをやる時があるので怖いなと思ったんですが、ここでの演奏はフォービートを叩いていて(でもついつい8気味になるのはフュージョン世代な彼の癖なんでしょうね^^;)、なかなか良かった!ついでに、僕の持ってるCDだと、録音がめっちゃくちゃいい!!

 ただ、僕には普通のジャズっぽ過ぎたのが弱点でした。チコ・フリーマンって、シカゴのAACM出身で、ニューヨークに進出した人と聞いていたので、やっぱりアンソニー・ブラクストンやアート・アンサンブル・オブ・シカゴみたいな凄さやヤバさや深さを期待してたんですよね。でもこれは、うまいんだけどファッションでニュージャズやってるというか、そんな印象。このレベルのメンバーが揃ったら、これぐらいは当然できるだろうけど、なぜこの音楽をやるのかという所が弱く感じるんですよね。この頃のジャズって、チャールズ・トリヴァーとかセシル・マクビーあたりだと、うまいし悪くないんだけど凄みやヤバさが足りないというか普通っぽいというか、そこが物足りなく感じていました。フリー気味になっても、セシル・テイラーコルトレーンばりの楽理探究やパフォーマンスに賭ける気迫はないし、かといってアーチー・シェップやマリオン・ブラウンみたいな深さを感じる思想も感じないんですよね。スタイルの選択が音の上だけのファッション感覚というか、なんだか健全で刺激が足りない。。まあ、そんなのは聴く方のぜいたくでもあって、これがチコ・フリーマンの代表作だったとしてもまったくうなづけるだけの完成度の1枚でした。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS