FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 3  Trackback: 0  

『RACER X / STREET LETHAL』

RACER X STREET LETHAL これもLAメタルに入るのかな?でも、あんまりLAメタルっぽくなくて、ライトハンドのギターを始め超絶プレイが売りのバンドでした。ドッケンがジョージ・リンチのギター速弾きに痺れたバンドなら、レーサーXはポール・ギルバートの速弾きに痺れた!レーサーXでいちばん好きなアルバムはライブ盤「LIVE EXTREME VOLUME 」なんですが、あれにシビれて買ったスタジオ盤がこのデビュー作でした。買う時は躊躇したんです。HR/HM系にありがちな幼稚なジャケット絵が嫌でね(^^;)。そして、まるでマッハGo!Go!Go! みたいなバンド名だなと思ってたんですが…本当にそこからバンド名をつけたらしいです。ああ、調べなきゃよかったよ。。

 1曲目は、ポール・ギルバートのギターの速弾きだけを聴かせる曲!う~ん、セールスポイント分かってるな(^^)。2曲目はレーサーX の代表曲のひとつ「Street Rethal」、ザクザクいうイントロが始まっただけでカッコよかった!これぞ80年代のメタル、ギターを聴くためにすべてがある音楽なので、ヴォーカルのピッチがフラフラなのなんて聴かなければ良いのです(^^)。。

 このアルバム、音はリヴァーブがワンワンして冴えなくってあんまり好きじゃなかったけど、それ以外はカッコよかったです。80年代のメタルの様式をすべて守った上でいい物作れと言われたら、こんな感じになるのかも。いま聴いたら、曲はみんなそっくりだし、和声なんてないに等しいので飽きが来るのが早かったですが、メタルの良さってそこじゃない。ドラムとギターだけ聴いてぶっ飛ぶのだ!そういうい聞き方をすると、今でも幸せになれました(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
こんなバンドまで(笑) 
聴いてるのに、それほどメタルを好きではないっていうのがなかなか面白いなと。
こんなバンドはメタル好きでも少しマイナーなんで聴いてない人が多いのに(笑)
このバンドで早弾きし過ぎたから、ミスター ビッグで抑えたんでしょうね
Re: こんなバンドまで(笑) 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

えっ?レーサーXってメタル好きでも少しマイナーなんですか?学生時代の僕の友人の中では大メジャー扱いでしたが、という事は、僕がメタルを聴いてた時期だけ瞬間最大風速的に流行った感じなのかな?これだけすごい演奏をするバンドが少しマイナーとは、メタルも奥が深そうですね。

どうもAC/DCあたりの記事を書いたあたりから、ボネ太郎さんには不快な思いをさせているようで、申し訳ないです。なぜこういう書き方になるのか理解が難しいようですので、その辺の事を数日中に日記に書くようにしますね。
ぜーーーーんぜん 
不快になんてなってないですよ!
つうか、なるはずもないです。それどころか私はBach Bachさんの見方、感じ方に感銘を受けてさえいますよ!
だからたまに出てくるメタル記事が楽しみです(笑)

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS