FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バルトーク:ピアノ協奏曲全集 ジョルジ・サンドール(p)、アダム・フィッシャー指揮、ハンガリー響』

Bartok_ThreePianoConcertos_Sandor.jpg 実は多くの人がそうなんじゃないかと思いますが、僕は交響曲より協奏曲の方が好きです。みんなでワシャワシャやるより、主役が真ん中にドカンといてくれた方がわかりやすい(^^;)。このCDは、指揮者やオケやピアニストにはまったく拘らず、「おお、ピアノ協奏曲3曲が全部入ってるのか!」な~んて感じで衝動買いした1枚でした。

 バルトークピアノ協奏曲第1番は、1926年作で、3楽章制。1楽章は…おお~このガシガシとくる感じ、これこそバルトークだ!!時代的なものもあるのか、錯綜する複雑なリズムがストラヴィンスキーっぽくもあって、ザ・新古典という感じ。調べてみたら、バルトークの新古典期はこの曲からなんだそうです。2楽章はアンダンテの緩徐楽章ですが、なかなか怪しい雰囲気。そこから切れ目なく飛び込む3楽章は、インテンポでガシガシ突き進みました。バルトークって、初期はロマン派っぽいしアメリカに渡った晩年はちょっと日和った感じがするので、僕は新古典期から前衛までの時代が好き。でもこれは、まだ匂いとしてロマン派を引きずってるかな?絶対音楽というより、ちょっと劇音楽っぽかったです。

 第2番は1930-31年の作で、これも3楽章制。という事は、弦楽四重奏曲第4番と5番の間に書かれた事になります。バルトークの弦カル6曲は生涯に渡って書かれているので、バルトークの作風の時代考証をするいい物差しになるのです(^^)。そしてコンチェルト2番は、まだ新古典という感じ。というか、これもストラヴィンスキーの作品だと言われたら信じてしまいそう…いや、でもやっぱりバルトークだな(^^)。1楽章、なんかヒンデミットぽいなと思ったら、これ、弦がいないんでないの?なんという事だ、ピアノコンチェルトで弦がいない1楽章を持った曲ってはじめて聴いた気がします。かなり対位法が多用されて、セクション間のアンサンブルが緻密だったので、コンチェルトというより室内楽アンサンブルを聴いているような気分でした。2楽章は緩徐楽章なんですが、ピアニッシモで循環するかそけき和弦とフォルテで迫るピアノが交互に出てくる形、これが中間部で盛り上がりながら展開していき…こういう独創的な形式があるから新古典って素晴らしい。ところで、この循環する弦パートってもしかしてセリー?響きはアイヴスのセントラルパークの夕暮みたいでカッコ良かったです。2番から切れずにつながる3番は、不穏なムードのまま激しくなる…って、あれ?1番とけっこう似た構造してるんだな。。

 第3番は、1945年の作品、という事はアメリカ亡命後ですね。45年というとバルトークが死んでしまった年か、もしかしたら遺作なのかも。出だしこそ僕が好きな時代のバルトークなのですが、1楽章の途中からアメリカ音楽っぽい平易で明るい和声に…ああ、やっぱり晩年のバルトークは、音楽を追及したんじゃなくて金を稼ぐために曲を書いてる感じであんまり好きになれないなあ。さすがに近現代の作曲家で5指に入るほどの大作曲家なのでプロフェッショナルな曲なんですが、どうも媚びてる感じがしてね。。
 
 このCDは1990年の録音で、音がすごく良かったです。野太い往年のグラモフォンな感じじゃなくて、透明感ある感じ。かなり複雑なスコアなので、これぐらいスッキリとセパレーションがいい方が、アンサンブルがわかりすくて有り難い(^^)。あんまり評価されてない1枚みたいですが、演奏も素晴らしいし、すごく気に入ってます(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS