FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

小説『老人と海』 ヘミングウェイ著、福田恆存訳

Hemingway_Roujin to Umi アメリカのロスト・ジェネレーションの代表的な作家と言うだけでなく、アメリカ文学で一番有名な人といってもいいほどの文豪ヘミングウェイ!この小説、僕は子どもの頃に読書感想文を書くために読みました。なぜこの本を選んだかというと、ページが少なかったから(^^)。でもこの薄さにだまされました。章分けされていないんです。だからどこで休んでいいか分からず、読みはじめたら一気に読まないといけない作りだったのです(゚ω゚*)。

 話は単純。メキシコ湾あたりに住んでいる老人の漁師は、ずっと不漁続き。でも久々に海で大物のかじきをヒット!3日間の格闘でボロボロになりながらゲット!でも魚がでかすぎて船上に上げる事が出来ず、船にくくりつけて帰ってきたら、帰路でサメにガンガン襲われて全部食われた(=_=)。以上。

 えええええ~~これで終わりか?!何がいいたいのかマジでわからねええええ!!読書感想文、むしろ超ムズカシイんですけど。。な~んて具合で、子どもの頃の僕は、こんな話のどのへんが名作なのかマジでわからず。ヘミングウェイが書いたから評価されてるだけじゃないのか、こんなんで良ければ俺でも書けるぜ。「1000円持って買い物に行ったら途中で落とした。とぼとぼ帰ってきた。」これと何が違うんだ…な~んて、世間がどう言おうが自分で納得しなければ意地でも納得しないロック少年だった僕は思ったのでした。

 それでも、読んだ後にこの小説の主旨を無理やり「考え」て、至った結論がひとつ。「死ぬ目にあって努力したものがあっけなく失われてしまった、な~んていう現実の虚しさを書いたのかな」みたいな。でも、まるで当たってる気がしませんでした。今ならロスト・ジェネレーションの知識が多少あるので、もう少しまともな感想文書けたかも。そして、文豪の傑作を「マジで意味わかんねえ、読んでるこっちが空しくなったぜ。これは文学というよりパンクロックじゃないのか」と書いた僕の読書感想文は国語教師に酷評されたのでした(^^;)>。。仮にもしこの本の主題が虚無だとしたら、ヘミングウェイには『老人と海』よりよほど凄いと思った小説がありまして…その話はまた次回に!

 (2019.6.7 追記:ブログ友達のAKISSH さんが、この本で作者が意図した事を「人生は自分の努力ではどうしようもない部分が大きいのだ、ということなのかなぁと」とした感想を寄せてくれました。そう聞いた瞬間、もうそれが答えだとしか思えなくなってしまった僕でした(^^)。AKISSH さん、貴重な書き込み、ありがとうございました!)

関連記事
スポンサーサイト




Comments
友人 
中2の時、友人が「ヘミングウェイってなんかいいよな」とポツリと言い、その手の小説をまったく読んだことの無い自分は、密かに本屋に買いに行きました。
もちろん、友人が読んでいた「老人と海」。
人生は自分の努力ではどうしようもない部分が大きいのだ、ということなのかなぁと。
結局、友人と感想を話すことは無かったのですが。

今、Bach Bachさんの記事を読んで感じたのは、友人もきっとよくはわからなかったのだろうな、ということ。
でも、乾ききった空気のようなタッチ、結構好きでした。
Re: 友人 
AKISSH さん、書き込みありがとうございます!

きっと僕の感想は分かる人からするとアホの極みなんでしょうが(^^;)、でも本当に分からなかったんですよね。
なるほど、「人生は自分の努力ではどうしようもない部分が大きいのだ」ですか、そう言われたらそうとしか思えなくなってきました。ヒントをいただき、ありがとうございます。長年のもやもやがスッキリしました!

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS