FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バリ万華鏡 声・儀礼・竹の音楽』

BariMangekyou Koe Girei Take no Ongaku ジャワ島に色んな音楽がある以上、バリ島にもケチャやガムラン以外に色んな伝統音楽があるんだろうな…みたいに思っていたところで、こんなCDが目に留まりました。そりゃ買うでしょう(^^)。これは、バリ島にある色んな音楽を集めたCDです。キングのこのシリーズにしては珍しく、現地録音でした(^^)。

 1曲目チャプクン」は、バリ島のすぐ近くにあるロンボク島から持ち込まれた、祝い事の際に演じられるという合唱音楽でした。声で演奏するガムランというか、ケチャとガムランの合いの子というか、そんな感じの音楽。昔の日本の結婚式で、おっさんたちがみんなで佐渡おけさを歌う、みたいな感じなのかな(^^)?

 2曲目ガンバン」はガムランの演奏形態のひとつだそうです。5曲目のサロン」もガムラン系。ところで、どちらも楽器の名前でもあると思うんですが、音楽の名前でもあるのかなあ。ライナーを読んでも、そのへんがはっきりしませんでした。

 3曲目「ゲンゴン」と4曲目「ウングン」は、音楽の名称なのかよく分かりませんでした。どちらも口琴の名前ではあって、多人数でやるから、カエルがゲコゲコ言ってるみたい。バックの演奏は、日本のちんどん屋そっくりでした。チャンチキと笛と大太鼓ですからね(^^)。

 6曲目「キドゥン」は女性合唱でした。ライナーによると、バリ島では器楽と声楽がはっきり分かれていて、器楽はガムラン、声楽はトゥンバンと呼ばれるそうです。あれ?という事は、2曲目と5曲目のガンバンとサロンは、ガムランの中の下位分野という事なのかな?キドゥンは、トゥンバンの中のスカル・マディヨに属する宗教歌だそうです。おお、バリの音楽ではじめてつまらないものに出会った!…宗教歌は芸能じゃないから、面白さなんて追求してないんでしょうね。

Bali_Arja.jpg 7曲目はアルジャ(Arja)」という恋愛歌芝居だそうで、庶民の娯楽として人気があるんだそうです。音楽は沖縄民謡とガムランが混ざったみたいな感じで、チンドン伴奏で「島唄」を笛が演奏、それがアッチェルしたりリットしたり、みたいな。いちばん激しくなった所はアフロキューバンなみの熱さで、それが終わるといきなり展開部に!さすがはバリの芸能、高度だわ。。このアルジャという芝居、アドリブ要素が強くて、途中で役者が本気になって他の役者に殴りかかったり、芝居が終わると客同士がいつの間にか恋人になってたりするんだそうです。いや~、面白そうだな(^^)。

 8~9曲目は、比較的新しい若者の生み出した大衆音楽なのかな?8曲目はジョゲット・ブンブン、これが強烈!ものすごいスピード感、ガムラン界のスラッシュ・メタルだ!ジョゲットは一種の模擬恋愛の舞踊なんだそうですが、バリ西部では金属打楽器を使わずに竹の打楽器だけを使って、ジョゲット・ブンブンになったそうで。「ブンブン」と呼ぶ理由がなんとなく分かるほどのうねり具合、これはやばい。。いきなり全員でフォルテになったり、いきなりピアノになったり、徐々にではなくいきなりテンポが速くなったりと、一体どうやればこんな一糸乱れぬアンサンブルが可能なのかと度肝を抜かれました。ケチャもガムランもそうですが、バリ島の合奏の統率力は、考えられないほどのレベルの高さです。
 9曲目のジェゴックもすごかった!これは何と呼んだらいいのか…民族ミニマル・ミュージックという感じ。ジョゲット・ブンブンと同じように、竹製打楽器の大合奏なんですが、違うリズムがいくつも重なってひとつのうねりになる構造はケチャに似てます。でも、もっと野蛮でロックな感じ。

 バリやインドネシアの音楽って、ロックやクラブミュージックもすごいんですよね。このCDはあくまで民族音楽やバリ産音楽に限定されていましたが、さすがは世界有数の芸能都市、ものすごかったです。西洋音楽とはまったく別ルートの音楽にこれだけレベルが高いものがあるという事を知らない人は、ぜひ!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS