『スターン(vln) / ベルク:室内協奏曲、ヴァイオリン協奏曲』

Stern_Berg.jpg 20世紀初頭のクラシック音楽界に、新ウィーン楽派と呼ばれる楽派がありました。これはシェーンベルク、ヴェーベルン、ベルクの3人の作曲家の事を指していて、12音音楽の創始者であるシェーンベルクがトップ、あとのふたりはその弟子です。簡単に言うと、無調音楽とか12音列技法とかを開拓した楽派です。そういう意味で、シェーンベルクが現代音楽のカリスマである事は勿論なのですが、ヴェーベルンも徹底した点描主義なんかで、後のセリー音楽主義者から神扱いを受けていたりして、これも人によってはシェーンベルク以上のカリスマ扱いをされる事があります。しかし、この中で僕が一番好きな作曲家は…そのどちらでもない、ベルクです。

 他のふたりは、リクツでは凄いんだろうなと思うんですが、リクツを抜きにしていざ音と正対すると…理屈が先行するばかりで、音は真逆の退屈さ。2~3秒に1音だけなるだけの音楽とかに、僕の場合は心が動く事があまりありません。ヴェーベルンを好きな人って、実は音自体はあまり聴いていなくて、アタマで音楽を考えているんじゃないかと思っちゃうんですよね。作曲面で評価するならまだしも、楽譜も読んでないくせに「ヴェーベルンが…」とかいう人の音楽センスを、僕は全く信用していません。ところが、ベルクとなると話が違います。聴いていて総毛立つような音楽体験。この人の書く曲って、素晴らしいとしか言いようがないのです。

 新ウィーン楽派の中で、なんでベルクの音楽だけが僕には素晴らしく感じられるのか。その理由は、やっぱり昔に書いた「クラシックの中では近代音楽と現代音楽の中間あたりのモノが好き」という事なんだと思います。長短両調の従来の音楽システムでは、どんなに趣向が凝らされていても、もうサウンドにも構造にも飽き飽きしてしまっていて「またか…」となってしまう。逆に前衛になると、いいものはいいんですが、一歩方向性を間違えると、例えばヘリコプターの音だけだとか5分近く音がないだけだとかになってしまうものまであって、作曲面や意義なんかでは評価できるかもしれないけど、サウンドを体験するという部分では評価できる訳がありません。
 新ウィーン楽派の音楽というのは、作曲技法を根本から変えているので、音がどうかという以前のところにまずは戦いがあって、そういう意味でいうと音がどうというのは2の次になってしまう可能性がある。これって、新しい事をやる時には付きまとう問題ではあると思うんです。だって、本当にそれが根本から違うものであるのであれば、自分の経験から引っ張ってきた感覚的な「良い」という物差しを使えなくなるのですから。そういう意味では、新ウィーン楽派は理屈がしっかりしているので、感覚的な良し悪しを別としても、まだ信頼できます。リクツすらないデタラメをやっておいて芸術ヅラしている音楽というのが一番嫌いで…あれ、話が逸れてますね(^^;)。。

 で、ベルクなんですが、ベルクの場合、前の時代の和声音楽が築きあげてきた良さというものを残しながら、12音列技法に進んでいます。要するに、感覚的に言えば、両方の音楽のいいとこ取りなんです。ただ、言うのは簡単なんですが、これを通すのはなかなか大変な事だと思うのです。それは、12音列技法という作曲技法と、機能和声という作曲技法の特徴の違いにあります。12音列技法というのは、1オクターヴに含まれる12個の音を全部使って、それが終わったらそれを反対から始めて、それが終わったら上下関係を逆にして…みたいな感じで、すごくシステマチックなので、「ああ、この部分はメロディをこう変えよう」とか出来ないんですよね。だから、口で「いいとこ取り」なんていうのは簡単ですが、そう簡単にできる事ではない。ではベルクはどうしたのかというと、この音の出る順番に工夫を凝らして、調的にも聞こえるようにしたりしています。12個の音を全部使わなくちゃいけないといっても、最初に出てくる音の順番が「ド・ミ・ソ」だとしたら、あとの順番はどうあれ、人間の感覚は長調的なものを最初に捉えると思うんですよ。そういう工夫が結構ある。で、同時に12音音楽でもあるので、線と線が関係する、調音楽にはないグラフィカルな構造とか、機能和声にはない独特の音の重なり方とかもあって、前衛音楽特有の鋭さもある。まさに、絶妙なバランスなのです。

 そして、僕はベルクの「室内協奏曲」という曲が大好きで、色んなオケで色んなソロイストのバージョンをいくつも聴いたのですが、このアイザック・スターンがヴァイオリンの録音が、一番すごいと思いました。この曲、非常に印象的なヴァイオリンの旋律から始まるんですが、スターンのヴァイオリンの表現力と言ったら、ちょっと言葉では言い表せないものがあります。前衛音楽なんですが、実演する演奏家自体は、今までに培ってきた人間的な表現をそのまま生かして演奏している感じ。自分の演奏を録音した事のある人ならわかると思うんですが、録音を聞き返すと「1音目がほんの少し弱い」とか「2音目をもっとぼやかして弾きたい」とか、たった4小節ぐらいでも、何十回も録音して、それでも成功するのは1回あるかないかみたいな感じ。しかし、ここでのスターンの演奏は…音の入り方から最後の抜き方まで、表現の塊ではないかというほどの勢いと同時に、これ以外にはありえないんじゃないかというほどの正確さ…もう神憑りです。ちなみに、ピアノはゼルキン、オケはロンドン響という事で、こちらも見事。

 しかし、残念なのは…レーベルがソニーという所。要するに、復刻されない可能性があるんですよね。。アマゾンで見たところ、まだ中古盤が何枚か出回っているようですので、大名曲と大名演が重なったこの神録音を聴きたい方は、速めに手に入れる事をおススメします。本当に、演奏家にとっても生涯随一の瞬間だったんじゃないだろうか。。










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド