FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

映画『地獄の黙示録』 フランシス・フォード・コッポラ監督

Jigoku no mokusiroku コンラッド衝撃の小説『闇の奥』よりも先に観ていたのが、ベトナム戦争を題材にしたコッポラ監督の映画『地獄の黙示録』です。最初に見た時はそんなこと知らないもんで、「ドアーズの『The End』が主題歌だ」とか「すごい映画だぞ」というだけで見ていて、実際に見た時も「これは凄まじい映画だ」と思ったんですが、よもや小説の方がそれをはるかに上回る地獄絵巻だったとは、当時は知る由もありませんでした(^^;)。そうそう、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」をはじめて聴いたのもこの映画で、藤原喜明の入場テーマ体験よりはやかった…な~んて、こんな軽い感じで書いていられるような軽い映画じゃないです。

 原作『闇の奥』の舞台がベルギー領コンゴのジャングルの中での植民地支配の地獄だったのに対して、映画の方はベトナム戦争時の東南アジアのジャングルの地獄。西洋人からすればまったくの未開の地にしか見えないジャングルを、船で川をさかのぼって行く時の自然の恐怖、現地人の襲撃の恐怖、ジャングルの奥に行ったまま帰って来ずに現地人の崇拝の的となったカーツ大佐(マーロン・ブランド)の異常性と戦争の異常性…実に見事に映像化されていたと思います。言葉じゃなくて、映像でその恐怖や不安、異常性が伝わってくる感じで、凄い映画だと思いました。僕個人は戦争うんうんより、あえて自分をジャングルの奥に置き続けようとしたカーツ大佐の心理面に強く魅せられた映画でしたね。

 「ゴッド・ファーザー3」なんかを見てもそうなんですが、コッポラ監督って、豪華なセットを見せて売り物にしたり、不要なカットが多かったり無駄に長かったりで、金に任せて豪華ではあるけど、映像でも編集でも監督としての技量は微妙かも…なんて思ってました。でもこの映画は素晴らしい。終盤の、敵がいるのかもわからないまま、ただ前線で迫撃砲を打ち続けている部隊の狂気の映像化など(ただ暗闇に爆発だけが何度も映し出される)、見事な表現。単に「戦争反対!」なんて映画じゃなくって、個人の狂気やその実態を言葉じゃなくて映像で示したんじゃないかと感じたんですよね。部隊を裏切ってベトナムの奥地に留まったマーロン・ブランドの心理も分かる気がする…というのはヤバいのか?コッポラ監督では、『地獄の黙示録』『コットンクラブ』『コッポラの胡蝶の夢』の3作が名作だと僕は思ってます。そしてその3本の中で、他は観たくなければ見なくてもいいけど『地獄の黙示録』だけは現代人として観ておきたい映画じゃないかと。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
この映画見てから、原作読んだんで 
描かれてる「狂気」的なモノには、あまり違和感も嫌悪感も感じずにはまってましたね~。小学校高学年とか中学生ん時でしたが・・・(自分ヤバいっすね)。

ただ、この後に「ランボー1の原作」とかボスの「Born in tha USA」の歌詞とか「その後の社会的受け皿の脆弱さと無責任さ」見ちゃったんで
「他人から見て狂気、自身から見ると安住の地」は「今でも同意」出来るんですよね。(精神的な話っすよ。実行しませんよ!!)

閑話休題、テロリスト藤原喜明って、「雪の札幌、長州を鉄パイプで奇襲」でしたっけ。
このアングルには、ワーグナーもずっこけただろーなー。
カーツ大佐を理解できて人は大人になる 
地味JAM尊 さん、書き込みありがとうございます!

実は僕もカーツ大佐の心情は分かるような気がしていました…と言っても、「喧嘩ばかりしていた高校時代の前田日明の気持ちも分かる」とか、「どこかで死んでもいいと思いながら高速道路をバイクでぶっ飛ばす奴の気持ちも分かる」みたいな程度の理解なんですが(^^;)。小学生で同調するのはヤバい気もしますが、逆にこういう心理も理解しないないまま大人になるようでは駄目という気もしますよね。

そうそう、藤原さんの長州襲撃はたしか札幌でした!あの襲撃、藤波(あの日の長州の対戦相手)には伝えられていなかったらしいですね。長州の流血具合もダメージもプロレスの忖度を超えるほど激しかったので、もしかしたら長州にも知らされてなかったのかな?覚えてるのは、アニマル浜口が「何だこれは、何だこれは!藤波、お前がやらせたんだろう!」などなど、会場のお客さんにも分かりやすいように何かが起こった事をマイクアピールしていた事でした(^^)。あの頃のプロレスは面白かったなあ。

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS