fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点』 ジョシュ・グロス

Ali tai Inoki_JoshGross アリと猪木の話題になった以上、猪木vsアリ戦について触れないといけないっすよね(^^)。これはアメリカ人が書いた、モハメッド・アリアントニオ猪木のノンフィクションです。そうそう、猪木vsアリ戦というのは、プロボクシングの現役世界ヘビー級チャンピオンだったモハメッド・アリが、「誰でもいい、俺に挑戦する奴はいないのか」とファンにリップサービスした所、プロレスラーの猪木に絡まれ、しかもヤラセだと思ってのほほんと来日したらシュートマッチを仕掛けられてしまったという、今の総合格闘技の走りみたいになった戦いの事です。

 昔と違い、いろんな人の丁寧な取材で猪木vsアリ戦の実態がだいたい固まっている現在なので、新しい事実とか、面白いエピソードみたいなものは書かれていませんでした。個人的にこの本でいちばん面白かったのは、この試合そのものじゃなくて、アリ対猪木以前にあった、アメリカでのグラップラー対ボクサーの試合の詳細。日本の総合格闘技の源流は猪木と新日本プロレスにあると言っていい状況なので、猪木vsアリや猪木vsペールワン以前というのを、僕は知らないんですよね。でもアメリカではそれ以前の歴史もけっこう深いみたいで、この詳細が面白かったです。ジーン・ラベールだけは名前を知っていましたが、どういう試合を戦ってきたかとか、まったく知りませんでした。他に出てくるエド・ルイスとかマーティー・バーンズなんて名前すら知りませんでした。そして、アメリカの異種格闘技戦の歴史は「普段からリアル格闘を行なってるボクサーの方がさすがに強いだろう」という予想とに反した結果で…ここはかなりの格闘技ファンでもなかなか知らない現実だと思うので、一読に値すると思います。
Inoki vs Ali もうひとつ面白かったのは、アリvs猪木のあとの総合格闘技についてでした。僕はアルティメットあたりは格闘技をあまり見なくなってしまったので、どんな感じに発展したのかがよく分かって有り難かったです。それにしても、この著者の人は日本の格闘技事情にもめっちゃ詳しくてびっくりでした。

 アメリカ人の本なのでアリ寄りかボクシング寄りの本かと思いきや、猪木やグラップラーをかなり高く評価していたのが意外。変な自説や情緒は挟まず公平に評価してるのが、ノンフィクションとして優れていると思います。最後に取材相手も書いていますが、ものすごい人数!ろくに取材もせずに自分の知っている情報だけで書いてしまう似非ルポライターとはぜんぜん違います。ただ、翻訳本だからか、はたまたこの著者の処女作だからか…よく出来たルポ本とは思うんですが、文章が読ませる感じになってなくて、あんまり面白くはなかったっす(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS