FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ペンデレツキ:悲しみの聖母 –ペンデレツキ無伴奏合唱宗教曲全集– ユハ・クイヴァネン指揮、タピオラ室内合唱団』

penderecki_stabat mater_Tapiola ペンデレツキは、1933年生まれのポーランド人作曲家です。ところがペンデレツキの音楽は、ものによってはぜんぜん現代音楽に聴こえないものもあります。モダンに行くと、モダンどころか超アヴァンギャルドなものも多いけど、とっても調的で宗教音楽的なものもあったりして。このアルバムは後者で、タイトルとなっている「悲しみの聖母」のオリジナル・タイトルは「スターバト・マーテル Stabat Mater」、色んな作曲家が扱ってきたキリスト教の題材で、ペンデレツキの代表作のひとつと言われている曲です。というわけで、最近ゲッチュしたこのCDを聴いてみよう、そうしよう(^^)。

 全体としては、雰囲気は思いっきり古い修道院の無伴奏合唱や、今の正教系の合唱みたい。でも、響きのそこかしこに現代が入ってる感じです。しかも、プロテスタント的な讃美歌なんてなくて、どれも鎮魂歌のよう。現代曲とかポストモダンといった概念を忘れる必要があるんじゃないか…技法とかそういうものを取っ払って、この音楽が扱っているものを聴くと、まさに正教会系の音楽にある物そのものなんじゃないかと感じました。音楽というより、「祈り」っぽいんですよね。短調系の鎮魂歌のような雰囲気の曲が多いので、余計に悲痛というか…。いつか、ロシア正教の合唱について書いた事がありますが、あれと同じです。

 僕がヨーロッパを思い浮かべる時、その文化の中心はドイツとフランスであって、あとは周縁という形でイメージしている気がします。いつぞや「戦場のピアニスト」という映画の感想を書いた事がありますが、ポーランドって左隣のドイツと右隣のロシアに占領支配されてばかりで、悲劇的な土地なんでしょうね。二重帝国を誇った時代なんてはるか昔の事で、地図から国が消えた事も1度や2度じゃないみたいですし。ヨーロッパで厳しい状況に見舞われたのって、東になればなるほどそうですが、そういう地域ほど純粋な形でキリスト教を残したのは偶然じゃない気がします。ペンデレツキにとって、現代の作曲技法がどうとかよりも、そういう宗教が果たした役割の方が重要だったという事なのかも知れません。
 そして、現代音楽的な目で見た場合。このCDでいうと、1曲目「悲しみの聖母」、2曲目「憐れみたまえ」、4曲目「われらの祖先に告げたまいしごとく」、7曲目「来たれ、造り主なる聖霊よ」あたりの和音に、現代曲ならではのものを感じます。でも、それが使われるのはあくまで「祈り」としての宗教音楽上の効果というだけの事であって、技法の開拓とは関係ないように聴こえます。ある時代やある地域の趨勢として、ひとつのものしか見ないという事自体が、もう現代的ではないのかもしれません。ブーレーズやシュトックハウゼンと並行して、こういう音楽が普通に作られるのが、それこそ現代なのかも。

 とてつもなく素晴らしかったです。タピオラ室内合唱団のハーモニーも恐ろしく見事。大推薦!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS