心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山下達郎 / FOR YOU』

YamasitaTatsuro_forYou.jpg 荒井由実さんの『14番目の月』と並んで、もうひとつ、ニュー・ミュージックで忘れられないアルバムが、これです。月並みな表現になってしまいますが、収録されているすべての曲が良いというのが、すごいと思います。

 山下達郎さんというのは、50年代のアメリカン・ポップスとか、サーフィン・ミュージックとかに、強い思い入れのあるシンガー・ソングライターさんだそうです。実際のところ、彼の音楽は、どのアルバムをとっても、オールディーズをそのままモダンにしたような感じです。分厚いコーラスにもサーフィンからの影響などが見えます。

 そして、こうした音楽に味付けされているのが、日本のスタジオ・ミュージシャンの素晴らしい演奏です。このアルバム、こんなにいい曲はないんじゃないかというような美しいバラードが1曲収録されているんですが、イントロはジャズのようなピアノソロ、間奏はこれまたJジャズの名プレイヤーである土岐さんという方の演奏。そして、その上に恐ろしく丁寧に作りこまれたコーラスが重なります。達郎さんの逸話に、息継ぎをするタイミングまで楽譜に書き込んでいたという話があるほどです。プロフェッショナルの特徴のひとつは、仕事がすごく丁寧な点にあると思います。そのような完璧な演奏が表現するのが、戦争やロックの波に飲まれる前の英米ポップスが持っていた、なんとも幸福で、時にちょっと切ないような、すごく心地の良い音楽なんです。

 聴いていてすごく気持ちの良いアルバムです。ジャケットに表れているポップなイメージが、音楽の内容をあらわしていると思います。また、有名な「クリスマス・イヴ」の入った『MELODIES』というアルバムも、とても聞いていて気持ちの良いアルバムでした。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS